*

転職はブランク期間があると厳しい?


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




ブランクkら頭を抱えるOL

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会とは無縁の日々を送ってから、復職を目指すといった方が増えています。

例えば、両親などの介護のためであったり、結婚や妊娠、出産、育児なんてことが、それにあたります。

また、男性の場合でも、病気などに掛かってしまい、治療や療養を余儀なくされて仕事を辞める。

その後に体調が回復し、仕事に復帰するといったパターンが考えられますが、そんなに簡単にブランクがあって転職が実現出来るものなのでしょうか。

ここでは、転職はブランクがあると厳しいのか?について掘り下げていきましょう。

多くの採用担当者が気にしている

面接前で緊張している

9割の人事担当者が気になるブランク

現実問題として、ブランク(空白期間)が履歴書などにある方の転職は、不利になる傾向が高いと言わざるを得ません。

実際のデータにも、ブランク期間がある人材は、気になりますかという質問に対して、9割もの人事担当者がイエスと回答しているからです。

もちろん、絶対に不利になるとは言えません。
ブランク期間に何をしていたのかが問題です。

そもそも、ブランクとは、履歴書であったり、職務経歴書などに記載することが出来ない「仕事についていない時期」、つまりは離職期間のこと。

そして、このブランク期間は、それぞれの事情によって異なります。

冒頭にあるように、出産や育児、介護といった仕事との両立が困難だと判断出来る理由もあれば、語学留学をしていただとか、仕事に必要な資格試験を取得していたといった、仕事に活かすことが出来るスキルアップのために使われた前向きな期間の場合もあるのです。


ブランク期間に何をしていたのかが重要

一概に一年間も職に就いていないのだから、この人材は問題だと判断し、不採用にする企業は存在しません。

ただし、一般的にブランク期間があって、気にされるのは、半年以上のブランクがある方と言われています。

3ヶ月や半年というブランクであれば、さほど気にすることもなく、転職には影響しないとも言われています

しかしながら、ポイントになってくるのは、ブランク期間に何をしていたかということ。
3ヶ月でも、職安にも行かず、バイトもせず、転職活動もしないで、ブラブラと遊びまわっていたというのであれば、問題視されることでしょう。

逆に1年という長いブランクでも、語学留学をし、TOEICスコアで高得点を出したなどの結果があったり、ネイティブ並にその言語を使えるようになったという場合なら、採用側も評価を改めるものなのです。


進歩の早い業界は要注意

キーボード

IT・WEB関係は要注意

ブランクは、その期間ではなく、その期間に何をしていたのかによって、心象が変わるということは、分かったと思います。

ただ、ブランク期間の長さが、転職活動にモロに影響する業界や職種も存在してます
それがIT業界やWeb関連職です。

どうして、この業界がブランク期間の長短によって、大きな影響が出てしまうのかというと、この業界そのものの変化の流れが、ものすごく短期的でスピードが早く変化しているから

この分野では、新しい技術が、次々と開発されては、その手法がスタンダード化していく世界です。

半年どころか3ヶ月のブランクがあるだけで、まるで別の世界に変わってしまったような印象を受けるほどに、早いサイクルで変化を繰り返しています。

前線で働いている方達は、その変化の早さを痛感していますから、3ヶ月前にいくら実績を挙げれていたとしても、同じように活躍出来る人材であるかは、疑わしいという結論を出すのです。

結果、面談などで新しい話題を出し、ついてくることが出来なければ、採用されることは難しいでしょう。


変化の早い業界ではブランクは不利に働く

他にも、業界の動向が刻々と変化をしている業界などでは、ブランク期間は、転職活動において不利になると言えるでしょう。

ただし、前向きな理由でのブランクであれば、それを評価してくれる企業も多く存在しています。

特に役立つ資格を取得していて、それを取得出来たといった実績があれば、採用には前向きになってくれるでしょう。

ただし、なるべくブランク期間は短めにしておくように注意することがポイントになってきます。


ブランクがあまり関係ない職業もある

薬剤師

専門的な士師業はブランクに強い

こういった業界がある一方で、ブランク期間が全く関係ない業界や職種も存在しています。
一言で言ってしまうと、専門職がそれにあたります。
国家資格などを有する専門職の場合には、正直、ブランクがあるかどうかなどは関係ありません。

調理師や看護師薬剤師や医師などの士師業がその筆頭とされていますが、専門性が高ければ高いほどに、ブランクの影響は少なくなっています。

特に看護師の場合には、看護師不足が以前から問題視されており、資格を有しているのに現場で働いていない潜在看護師が70万人も存在しているとされています。

この眠っている看護師をブランク明けででも復職させることが出来れば、現在の看護師不足問題は簡単に解消出来ると言われているのですが、そう簡単には行っていません。

理由は、ブランクからの不安。
人の命を扱っていることへのプレッシャー。
激務のトラウマや、育児のため夜勤が出来ないという同僚への遠慮といったものが原因です。

ブランク明けのサポートが増えてきている

しかしながら、近年では、ブランク明けでも復職までの研修サポートシステムを構築して人材を広く集めている医療機関も多く存在していますし、どういった理由であっても、人材不足解消のためにと、積極的にブランク明けの看護師を受け入れているところも見られています。

これはあくまでも一例であり、極端な例かもしれません。
しかしながら、専門職で人材不足に悩んでいる売り手市場の業界や職種などであれば、むしろブランク明けでも、ブランク前の給料や待遇面と比べ、アップした状態で転職を実現出来る可能性が高いのです。

看護師の世界は、特別と言わざるを得ません。

例えば、似たような医療業界で薬剤師がありますが、同じ専門職であり、大学の薬学科を修め、難易度の高い国家資格を取得しなければならない職業です。

しかし、薬剤師の場合には、2年から3年のブランクならば転職も可能なものの、5年や10年となると、薬事を取り巻く法律や制度、更に新薬に関する知識が一新されることがあるため、復職がやや難しくなると言われています。

しかし薬剤師の場合、大きな薬局等では、『オーベン・ネーベン制』というマンツーマンの指導システムを導入している所が増えてきています。

看護師のような業界や職種は、そうそう多くあるものではありません。

また、ブランク明けにも有利だからと、今から資格取得を目指しても、それは単に資格があるだけで、実務経験がゼロではあれば、お話にならないというケースも珍しくないのです。

ですから、なるべくブランクは作らないように、やばいと思ったら転職エージェントなどを上手に利用して、満足が出来る職場へと転職し、ブランク期間を作らないように気をつけましょう。


まとめ

一般的なブランクは、やはり採用側からは、気になるネガティブポイントになることが多い

特に変化のサイクルが早いIT業界などでは、少しのブランクも致命傷になり得るもの。
ポイントになってくるのは、ブランク期間に何をしていたのかということ。

どうしてブランク期間が出来てしまったのかという理由なので、そこら辺は、面談の前に考えておくこと

一方で、看護師などの専門職では、そこまでブランクは考慮されず、むしろ積極的に復職支援を行っている状態である。

しかし、このような職種や業界は、本当に稀であり、やはり出来ることなら、ブランク期間を作らないための努力が必要と言える。

一般職などでも、少しでも問題が生じそうなら、転職エージェントなどを上手に使って転職、自分が無理なく働ける環境を作り離職期間を作らないことが大事になります。

関連記事
・転職するには在職中?退職後?転職活動にはどっちが有利?はこちら

・転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

新しい仕事に燃えるサラリーマン

転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人がいますが、その考え方は危険です

記事を読む

初めての転職

初めての転職のやり方!7つ手順を公開
-転職エージェント登録編-

転職を決意しても、転職経験のない人はどうしていいのか分かりません。 それが当たり前です。

記事を読む

仕事(会社)を辞めて後悔しない為の転職術

転職は人生の転機です。 そこにおいて 「こんなはずじゃなかった・・・」 という

記事を読む

転職が上手く行かず頭を抱える

転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件に見合った求人が見つからない。

記事を読む

2017年に転職するなら
おすすめ業界・業種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか? と不安に感じている方も多いと

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑