*

仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




急いで転職しようとするサラリーマン

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

仕事を変えたいのに、不安だから今の会社で働き続ける

しかしながら、この選択が正しいかといえば・・・

答えはNOと言わざるを得ません。

もしも仕事を変えたいと思っている方は、直ぐに転職をするべきなのです。
職場環境が悪いだとか、職種に魅力を感じられないといった理由の違いはあるでしょう。

ただ、仕事を変えたいと思うのであれば、気持ちが動いてしまった瞬間に動くべきといえます。

なぜこういうことが言えるのかと言うと、そもそも、何かしらの疑心を持ち、全力でその仕事に打ち込むことが出来るでしょうか?

本当はしたくないのにという気持ちを抱えたまま、あなたが今、所属している企業の利益を少しでも上げようと努力することが出来ると思いますか?

仕事を変えたいなと思った時点で、転職をしなければ、自分の為にもなりませんし、所属している企業の為にもならないのです。


転職を先延ばししてもメリットはない

転職に悩むOL

仕事を変えたいと実際に思っても、転職などを実行して、職場を変えたり、思い切って業界や職種を変えるといった大胆なアクションを起こせないのは、どうしてでしょうか。

それは、このまましばらく我慢していれば、不満を感じていたり、やりがいが感じられていない自分の置かれている環境が変わるかもしれない。

また、上司や経営陣が考え方を改めてくれて、自分の仕事がしやすい環境に変えてくれるかもしれないと思ってしまうから。

しかしながらこの考えは甘すぎると言わざるを得ません。

なぜなのかというと、完全に他力に頼りきってしまっているからです。
例えばブラック企業と呼ばれる企業の多くは、サービス残業当たり前、休日出勤当たり前の体制が多いです。

辛いけれども、いつかは分かってくれる。
だから文句も言わないし、職を辞することもしない。

結果として肉体的疲労と精神的疲労が蓄積し、病気になってしまったり、集中力を欠いて、事故を起こしてしまったりといった自身にとっては、どちらにしても最悪の結果が待っているのです。

問題があるし、このままでは働いてくれる人間がいなくなるだとか、事故やトラブルが起こるといった提言をしなければ、今のままでも問題ないのだと上層部は判断することになるのです。

もしも、これでは過労死してしまうし、正当な対価が支払われていないから辞めるという人間が続出すれば、この経営方針のままでは、従業員がいなくなり、会社の運営が出来なくなる。

上層部などの経営陣は、そういった事態になって初めて気がつくことになります。

つまり、何もアクションを起こさず、気がついてくれるだろうと待ち続けているだけでは、何も変わらないということです。

そして何も行動しない方達の共通点としては、アクションを起こさないことに対しての理由を正当化し、先延ばしているのです。

「どうせ平社員の自分が正論だとしても叫んだところで、何も変わらない。」このような言い訳を自分にして、勇気がないだけなのに何もしようとしないのです。


転職するのに年齢は若い方が良いのは事実

若いOL

また、なぜ思い立った時に転職をすべきなのかの理由としては、転職市場では、やはり若い年代であればあるほどに有利だからです。
一般的に転職市場で最も需要が高い世代と言われているのが20代後半。

30代に突入してしまうと、どうしても企業側の観点からは、管理職やある程度の高いポジションに置かなければならないという風潮があり、異業種転職などの場合には、ほぼ採用される見込みはないと言われています。

同じ業界内での転職も、魅力的なスキルや、即戦力と思われる実績などがなければ、年齢を重ねるごとに転職先は減少していくことになります。

これは、人事部の考えから、新卒者や転職者を受け入れて、5年や10年といった単位でスキルアップや企業への貢献を計算して採用しているためです。

そう考えると、必然的に30代後半の人材を採用し、5年や10年後といった将来を計算するよりも、20代前半や後半の人材を採用するという選択肢は当然とはいえないでしょうか。

同業種間での転職でも、このような考えで人材を採用しているのが、現実ですから、まして仕事を変えたいと思っている場合には、できる限り早く、新しい仕事にチャレンジすべきなのです

前述に少し触れたように、管理職として働くのか、それとも現場の最前線で働きたいと思っているのかによっても、転職の成功率は変わってきます。

しかしながら、どちらで働くにしても、定年という制度がある以上、動き出すタイミングが遅くなって、転職を考えているあなたに有利に働くことはないのです。


早く転職を成功させる方法

転職が決まり喜ぶサラリーマン

新しく仕事をしたいのであれば、思い立ったが吉日ではありませんが、早めに動き出すことが何よりも大事です。

しかしながら、個人的に転職活動を行っていく場合、慣れていれば無駄なく素早く動くことも可能ですが、慣れていない方は、なかなかに難しいもの。

こういった場合には、転職エージェントを利用すべきです。

転職エージェントは、長期型と短期型に大きく大別することが出来ます。

転職エージェントも人材を企業に紹介をし、その人材が企業にある程度在籍して、貢献してくれるという対価として、企業側から報酬をもらっているというシステムです。

ですから、企業側にも転職希望者側にも満足してもらえるように動いてくれるのですが、中長期的な転職希望者よりも、短期間の内に転職したいという方を当然に優先します。

あまり長い期間面倒を見ても、支払われる報酬に大差はありません。

ですから、出来れば短期的な転職を目指している方をどんどんと転職させていく方が、転職エージェント的にもメリットがあるのです。

転職エージェントを利用すると、転職希望者の市場価値から、適正リサーチ。

マッチングしている求人の紹介から、面接、入職などのステップを踏んで遅くても3ヶ月程度で実現させてくれます。

これは現在の仕事を辞めることなく、在職しながらでも可能な転職スピードですから、利用しない手はないでしょう。

更に、復数の転職エージェントを利用すれば、数多くの求人を一挙にチェックすることが出来ますから、より転職スピードを早くすることが可能になります。


まとめ

職場に不満があったり、現在就いている仕事にやりがいを感じられなくなっても、ただ待っているだけでは、その環境が変化することはありません。

また問題点などを提言することによって、上層部が気づき、改善に向かうこともあるが、それは非常に稀な話。

限界を感じた時点で、新しい仕事を探し、転職を実現させることがベストな選択といえます。

転職市場を考えると、やはり年齢を重ねた後の転職成功率は、低くなるのが現実で、若い年代や特に20代後半までの需要が最も高く、それ以上の年代は減っていく一方。

待遇面はもちろん、やりがいなどを求めているなら、できる限り若い段階で転職を考えることが大事。

結論から言うと、今よりベストなタイミングは今後訪れれません

こういったことからも、思い立ったが吉日ではないが、転職をするなら、早めにアクションを起こすべきなのです。

そしてスピーディーな転職を目指すなら、転職エージェントを使うのが一番有効です。

その理由は、中長期的な転職希望者をターゲットにしているところもあるが、大体は遅くても3ヶ月以内には、入職までに持っていくサービスを提供しているから。

年齢などのことを考えても、転職はスピード勝負であり、その大きな味方になってくれるのは、転職エージェントだということを覚えておきましょう。

関連記事
・仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えようはこちら

・会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はないはこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

転職のきっかけを見つけた男

転職が成功するきっかけと失敗するきかっけ

世の中には、経歴もスキルもコミュニケーション能力も変わらないのに、転職に成功する人と失敗する

記事を読む

手順を整理する

初めての転職のやり方!7つ手順を公開
-履歴書・職経歴書・面接編-

今日は転職の際に踏んで頂きたい7つの手順の後半をご紹介します。 初めての転職のやり

記事を読む

仕事(会社)を辞めたい時と辞めるべき時の違い

私も今まで数えきれないくらい、「仕事辞めてーなー」とか「こんな会社早く辞めたい」と思う時

記事を読む

ハローワークでの転職が上手く行かない

転職するならハローワークより転職エージェントを利用しよう

一昔前と比較して、終身雇用という概念が低くなったことから、転職に関してのハードルも現代では低

記事を読む

結婚した夫婦

結婚前と結婚後の転職の違いとは?

結婚の予定がある女性の中には、転職を検討されている方もいると思います。 現在、結婚前と結婚

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑