*

転職の面接対策たった3つでOK!


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




転職の面接

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との面接ではないでしょうか?

書類選考は通過するのに面接で上手くいかない・・・
という人も多いのではないでしょうか?

しかも、手応えがあったと自信のある面接結果が不採用に終わると、精神的にもダメージを負ってしまいます。

しかし、こういった応募者は、面接のどこがダメだったのかが分かっていません。

人事の目線から見た場合、面接で必要な対策はたったの3つです。
面接対策の基本を3つ挙げるので参考にして下さい。

質問された内容に正確に答える

面接の質問に答える応募者

実は面接官は話を聞いていない?

驚く人もいるかもしれませんが、面接官である採用担当者は、あなたが思っているよりずっと応募者の話を聞いていません

厳密に言うと、「面接官が知りたい事」以外の情報に関しては、聞いていない事が多いんです。
また、聞いていても覚えていない事が多いです。

それはなぜか?
面接官は、求人応募者が面接に120%の自分を見せようとしている事を、経験則で知っているからなんです。

誰もが、面接試験では自分を雇ってもらいたいので、120%くらいの感じで良く見せようとしています。
採用担当者はその事実をよく理解しているので、応募者が自分の聞いた事以外の話を始めると、まともに聞いてはいません。

少なくとも、採用選考の参考にはしません。
むしろ、マイナスになる可能性の方が高いのです。

しかし、転職を希望する応募者は自分の喋りたい事を話す傾向があります。
それも聞かれた内容の本質とは違う事を話す人が多いんです。

例えば経理の事を聞かれて、経理の事と法務に関する知識を話すと、面接官は法務に関する部分は全く聞いていなかったりします。

ですから、原則、聞かれた内容に対して脱線する事は厳禁です。

自慢話にならない様に注意する

上にも書きましたが、転職希望の応募者は聞かれていない事を話したがるんですが、大体どんな人がどんな内容について話をするのかという点について、共通点があります。

それは、「自慢話」です。

勿論、面接試験ですので、過去の職歴の中での成功体験や成果をアピールする事は間違いではありません。

しかし、こういう人達はどうしても自慢話をしたがるんです。

どういう人が多いかと言うと、自分の経歴に自信のある人です。
そして、話の内容は、成功体験に対するプロセスや、その後結果を具体的な数値で表現するだけでなく、「いかに自分が凄いのか」という所をアピールしてきます。

実際にこれを聞かされた面接官は「あーそうですか。すごいですねー。」的な感じで、まともに聞いちゃいません。

そもそも、その「成功体験」自体、会社のブランド力や資金力などが前提でないと出来ない事もあります。

すなわち、転職希望である応募者自身の能力で得た成功体験なのかどうか、怪しいと疑われてしまうケースが多いんです。

アピールする事は非常に重要ですが、客観的な事実のみを伝えるように注意して下さい。
主観で自分を持ち上げてみても、面接官は簡単に見抜いてしまいます。


自分を大きく見せようとしない

大きく見せようとする応募者

自己評価を上げるための批判はNG

転職なので、在職中の人は何か現状に不満があるはずです。
さらに面接試験なので、自分を採用してもらう為にアピールする必要があります。

しかし、以下の様な内容の発言には注意して下さい。

・自分が優秀で回りがついてこれない。
・優秀なのに会社が評価してくれない。
・上司や経営サイドに問題がある。

共通しているのが、自分をアピールする為に他者を批判する内容です。

当たり前ですが他者をいくら批判したところで、あなたの評価が相対的に上がる訳ではありません。
あくまでも自分の事を話してアピールして下さい。

また、注意したいのが、上に書いた自慢話とセットになって展開してしまう人が多いので、そういうタイプの人は要注意です。
自分を大きく見せたい気持ちは分かりますが、自己評価が高すぎて自分を大きく見せようとすると、どうしても胡散臭く見えてしまう事があります。

まず、批判に関しては、言い回しを変えましょう。

・チーム全体でプロジェクトを成功させたい。
・こんなリーダーとこんな形で仕事を進めたい。

こういった言い回しに変えてしまえば、他者を批判する内容にはなりません。

また、自慢話になりやすい人は、アピールする事を客観的な事だけに絞る方法が有効です。
金額、件数、パーセンテージ等、定量化出来る事を時系列に沿ってアピールしていきましょう。


応募先の会社に合わせたやり方をアピール

そして面接で自分をアピールする時に、大切にしなければいけない事があります。

企業は応募者のスキル(過去の成功体験)が欲しくて採用活動をしています。
過去に大きな成功体験がある人や、自分に自信がある人は、自分の考えたやり方、自分が運用していたルールを絶対視し過ぎる傾向があります。

あまりに酷い様だと、「ウチの会社で、そのやり方が成功するのかな?」というネガティブな疑問に変わっていきます。

ですので、アピールする際は、成功体験を現在(前職)の会社以外の環境でも再現できるという事をアピールしましょう。
特に具体的な手法を複数用意していると、非常に魅力的な人材に見えます。


絶対に聞いてはいけない質問がある

面接でのNG

事前の情報収集不足を見抜かれてしまう

あまり多くはありませんが、面接時に聞いてはいけない質問という物も存在します。

それは、面接で聞かなくて分かる情報を、面接中に聞いてしまう事です。

現在、ほとんどの企業が自社のホームページを持っています。
そのホームページに掲載されている情報に関して質問している様では、応募者として失格です。

多くはありませんが、時々そういった応募者がいます。
最低限、ホームページは隅々まで読み込むようにして下さい。

企業用のホームページはそこま大きな規模ではありません。
せいぜい5ページから30ページ程度の規模です。
最低でも以下の内容は必ず頭に入れておいて下さい。

商品、サービス内容・理念・社長あいさつ・概要・歴史・プレスリリース

他にもHPに掲載されている情報で必要だと思う情報は、必ず把握しておいて下さい。


自分の都合に会社が合わせて欲しいのがミエミエ

また、面接の段階で労働条件の詳細を確認する事は控えた方が良いです。

自分が経営者や面接官だとして応募者を見る想像をしてみて下さい。

採用前から、休みや給料、その他労働者側の都合が見え隠れする質問を複数ぶつけてくる応募者を採用したいですか?

人事サイドから見れば、「労務管理が面倒なタイプかな?」と警戒されてしまう場合があります。

勿論、本当に知りたい事や主張したい権利については質問してもいいのですが、自分の都合を転職先に押し付ける様な質問にならない様に注意が必要です。

これは転職エージェントを利用した場合、完全に回避が出来ます。
何故なら、条件交渉はエージェントが代行してくれるからです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まず前提として、人事目線と応募者目線には相違があるという事を理解して下さい。

その上で、対策として行うことは以下の3つです。

・聞かれた事に答える

・自分を過大評価してアピールしない

・聞いてはいけない事は質問しない

こうして書いてみると、非常に当たり前の様に見えますが、意外とこの3つが出来ていない人が多いんです。

特に、聞かれた事に対して正確に回答出来ない人と、自分をアピールしようと躍起になって、大きく見せようとして客観的な指標が抜けてしまっている人が目立ちます。

逆に言うと、この2つに対して正しく対策をして面接に臨めば、他の応募者と差をつけられます。

また、応募者のほとんどが知りたいであろう、企業毎の面接対策は個人で用意するのが事実上不可能であると考えて下さい。
よほど、何かのコネクションがあり、情報が入ってくるのであれば別ですが、通常はその情報を仕入れる事が難しいです。

しかし、これにも例外があります。

それは、転職エージェントを利用した転職の場合です。
転職エージェントのクライアントが応募先企業の人事部なので、情報があります。
ですから企業毎の面接対策も練る事も可能になります。

またキャリコネ転職サービスは企業の口コミサイトを運営しているので、登録しておけば、事前に過去の面接経験者の情報なども閲覧する事が可能です。

そして、転職エージェントを利用するメリットがもう1つあります。
それは面接結果がフィードバックされるという点です。

もし、面接試験で不採用となっても、なぜ採用されなかったのか?という部分がエージェントを通してフィードバックされます。
面接結果のフィードバック情報があれば、面接試験に関するスキルは格段に向上します

これは転職エージェントを利用しないと得られないメリットです。

是非、転職エージェントを利用した転職活動を行い、面接対策して下さい。

関連記事
・転職理由を面接で聞かれた時の回答例5選はこちら

・初めての転職のやり方!7つ手順を公開-履歴書・職経歴書・面接編-はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

給料が少なくて転職を決意する

中途採用で給料をアップさせる3つの方法

給料をアップさせる為に、転職を希望している方もいるでしょう。 そこで、中途採用で給料をアッ

記事を読む

面接で転職理由を聞かれる

転職理由を面接で聞かれた時の回答例5選

転職活動中の面接で最も回答に困るのが、「転職理由」です。 本音で素直に回答しにくい

記事を読む

転職のきっかけを見つけた男

転職が成功するきっかけと失敗するきかっけ

世の中には、経歴もスキルもコミュニケーション能力も変わらないのに、転職に成功する人と失敗する

記事を読む

自分に自信のない会社員

転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自信がなくて踏み切れない。 そ

記事を読む

仕事辞めたい病の発病

仕事(会社)を辞めたくなったら
チェックする4項目

誰もが一度は仕事を辞めたくなった事があると思います。 しかし、実際には「仕事を

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑