*

手取り20万円を手取り30万円に変える方法


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




手取りが20万しかない

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います。
スキルアップのためや、家庭の事情など、さまざまにありますが、これは転職活動の建前上の転職理由とはいえないでしょうか。

転職理由の本音を紐解くと、大抵の場合には、仕事に対しての対価が伴っていないと感じるからなんて意見が、最も多い状況です。

給料に関する問題として、皆さんが抱えているものの一番多い意見が、20万円の壁というものです。

手取り20万円から、なかなか給料がアップしない
この手取り20万円の壁を乗り越え、30万円にアップさせるには、どうしたらいいのか。

このようなコンテンツが検索を掛けると本当に山のようにヒットします。

つまり、世の中で働く多くの労働者が、手取り20万円の壁を乗り越えられず、四苦八苦しているという証明なのです。
ここでは、手取り20万円を30万円に変える方法について紹介していきましょう。

年収で150万円以上のアップが必要

自分の給料を計算するOL

単純な月給10万円UPでは足りない

単純に計算をすると、20万円から30万円のアップ額ですから、月額で10万円、年収に換算すると120万円のアップが出来れば、これは実現可能と思われる方も少なく無いでしょう。

しかしながら、120万円のアップでは、足りないというのが現実です。
なぜならば、ここで目指しているのは、あくまでも「手取り額」の10万円アップだからです。

単純に年収を120万アップさせても、そこには税金が掛かってきます。
住民税は一律ではあるものの、所得税は収入が増えるごとに累進課税制度ですからアップします

社会保険料も同様にアップするわけですから、単純に年収を120万円アップさせたとしても、手取り額で10万円増える訳ではありません。

例として
手取り20万円の人は、総支給額がおおよそ24万円~25万円程度になります。
年収で言うと、350万円~400万円程度でしょう。

手取り30万円の人は、総支給額がおおよそ37万円~40万円
年収だと500万円~550万円程度になります。

これは前年度の収入や、残業・手当等によって変化してきますが、年収として150万円程度アップしなければ、手取り30万円にはなりません。

毎月13万円~15万円のアップが必要という計算になります。

また、正社員として働いている間に、たった1年で社員の給与を150万円もアップさせてくれる企業があるかといえば、よほど実績を残したなど、会社への貢献度が高くなければ、実現出来ない金額ではないでしょうか。

副業で月10万円は稼げるのか?

現実的には、副業をしたり、アルバイトしたりといった、本業とは別の収入源を見つけて、手取り額をアップさせるという方法を選択するしかないと思われがちです。

しかし、時給1000円で計算をしたとして、月にアルバイトに割かなければならない時間は、100時間にも達します

1日平均の労働時間は、何と5時間必要になり、土日に限定したとして、8時間ずつの労働時間で計算しても、10万円を稼ぐには、34時間分も足りないという計算が成り立ってしまうのです。

無理やり稼ぐとすると約8回土日があると計算した場合でも、12.5時間の労働が条件となります。
そもそも13時間近い拘束をするアルバイト求人が、現実的にはあるとは言えません。

こういった副収入源を使ってでも、働く覚悟があるといったやる気の高い方でも、本業と副業を合わせ、月間250時間を超える労働時間を継続させていかなければならないのです。

そしてこの250時間というのは、純粋な労働時間のみの話。
ここに移動時間や拘束時間は含まれていないわけで、そう考えると、この方法は非現実的であると言わざるを得ません。


今の会社で年収アップ出来るのか?

年収アップは厳しい

年間で評価されるので難しい

前述にある通り、副収入源を見つけて、本業とは別に月間で10万円を稼ぐという方法は、非現実的であることが分かりました。

それでは、残された方法としては、現在勤めている会社で出世をしたり、実績を残して、現在の給与よりも月額10万円以上の昇給を果たす方法しか残されていません。

一般的に日本の企業の多くは、1年間という長い期間の勤務態度や実績を査定して、4月の年度変わりのタイミングで昇給を実施するという企業がほとんどです。

つまり、来月から10万円の昇給を果たしたいという願望は、実現不可能であるということです。

例えば、昇給させたいと決意をし、懸命に仕事をし始め、売上などを格段にアップさせたとしても、それが7月などであれば、8月にその結果が反映されることはなく、次の年の4月に反映されるかどうかという状況です。

そして4月までの約9ヶ月間、コンスタントに結果を残し続けることが出来なければ、昇給額が格段にアップすることは不可能と言えるでしょう。

大企業でも7年以上はかかる

現実的に示されているデータとしては、中小企業の場合には毎年の昇給率は、1.45パーセントが相場だと言われています。

10年を掛けて120パーセント前後の昇給を実現させるという計算です。
これは規模が小さいということもあり、一度昇給をさせると、後に簡単に減額をすることが出来ないという事情も大きく影響しています。
ですから昇給に関しては、消極的な企業が多いわけです。

10年後に120パーセントということを計算した場合、現在の給与が25万円だとしても、10年後には30万円になっているかどうかという計算になります。

この現実を踏まえると、少なくても中小企業に在籍している方の場合、次の月に手取りを10万円アップさせるどころか、1年後でも、5年後ですら手取り額を10万円アップさせることは、不可能であることが分かります。

ちなみに、中小企業以外のデータとしては、一般人にもその名が浸透しているような大企業でも、昇給率は年間3パーセント

公務員では、階級が上がるごとに給与のアップが保証されており、その額は2万円から7万円とバラつきがあります。
パーセンテージに換算すると、相場は1.66パーセントに留まっており、中小のそれとさほど変わらないというのが現実なのです。

残された手段は、役職に就くという、出世競争に打ち勝つ手だけですが、確かに劇的に収入面での変化は期待出来ます。

しかし、そもそも用意されている席は少ないですし、よしんば就けたとしても、課長職以上の管理職にならなければ、収入面は焼け石に水。

給与アップ以上に、負わされる責任は非常に高くなり、会社側の人間として扱われるため、残業代などが支払われないという事態も起こっているのです。


転職すれば可能である

転職先を探すサラリーマン

すぐにでも手取りを増やせる可能性大

副収入源を見つけて働くことも、現在就いている会社での昇給でも、20万円から30万円の手取り額のアップは、現実的ではないことが分かりました。
それでは、何も打つ手がないのでしょうか。

たった1つだけ、来月にでも手取り額を10万円アップさせられる方法が残されています。
それは、転職をすること。

現在の会社に見切りをつけ、より高く評価してくれる会社に転職をすることが、不可能とされている手取り額の10万円アップを簡単に実現させられる唯一の方法です、

転職エージェントなどを使えば、市場に出回らないハイクラス求人や好条件求人と巡りあえますから、逆に10万円の手取りアップでは、少ないほどです。

とあるデータでは、転職においての平均給与アップ額は56万円
最大アップ額で440万円というものが存在します。

転職エージェントを使い、自身の市場価値を的確に把握して、高く評価してくれる企業へと転職をする。

この方法こそが、手取り額10万円以上アップを次の月、いや明日からでも実現させたいという方には、現実的な方法といえるのです。


まとめ

アルバイトなどをする副業も、現職に留まり、実績を残したり、昇進をするといった昇給狙いでも、労働時間や、企業の平均昇給率のデータをみると、手取り10万円のアップを実現させるには、不可能と言える方法だということ。

残された唯一の方法は、平均給与アップ率56万円というデータがある転職エージェントを使った転職だけ

年齢や職種によっても、アップ率にばらつきはあるものの、自身の市場価値を把握でき、高く評価をしてくれる企業へと転職をすることが、給与アップを目指す方が行うべき現実的な方法になります。

関連記事
・転職で年収アップさせる為の3つの心構えはこちら

・転職で年収アップした人のデータとは?はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

年収分の札束

年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか? 誰もが一度は考えた事が

記事を読む

給料が少なくて転職を決意する

中途採用で給料をアップさせる3つの方法

給料をアップさせる為に、転職を希望している方もいるでしょう。 そこで、中途採用で給料をアッ

記事を読む

転職で年収アップした人のデータとは?

転職するならお給料は増えた方がいい。 もっと言えば、年収アップを目的とした転職を目指し

記事を読む

要求するサラリーマン

転職時の希望年収はどこまで要求してもいいのか?

現在の年収では満足出来ずに、転職をして年収アップを目指す場合もあると思います。 そのような

記事を読む

転職で年収アップさせる為の3つの心構え

転職する際の大きな要素の一つに年収があります。 勿論、転職の第一目的は人それぞれです。

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑