*

会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




砂時計でタイミングを計る

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去らなければいけません。
こういった時、辞め方というのは、非常に気を使うものではないでしょうか。

立つ鳥跡を濁さずという言葉もありますが、会社を去ったとしても、関係は何かしら続くかもしれません。
去り方に問題があった場合、やはり職場に残る人間と自分との関係は、良い関係でいられる可能性は低いでしょう。

特に辞めるタイミングには、気を使う方が多いのではないでしょうか。
ここでは、転職の際の会社を辞めるタイミングについて、詳しく解説していきましょう。

会社があなたの事情をどこまで考えてくれる?

会社の事を考えるサラリーマン

最低限のルールさえ守ればいい

一般的には、突然に辞めるということは、社会人としてはルール違反です。
それぞれに所属している会社には、就労規則が設けられているはずです。
これは大企業のみならず、中小企業であろうと、会社という組織を形成している以上、設定されているルールです。

大抵の場合には、1ヶ月前に退職の意思を示すというものが多く、これに則っていれば、ルール上は文句を言われる筋合いはありません
しかし、そこに情というものが絡んでくるのが、日本社会の厄介なところです。

例えば、業界によって違う繁忙期と呼ばれる時期や、師走や年末の12月の時期など、猫の手も借りたいというタイミングで会社を去ろうとすると、少しは会社の事情も考えてくれよとなるのは、目に見えています。

だからこそ、なるべく迷惑が掛からないタイミングを計ろうとする方が多いのですが、本当にここまで気を使う必要があるのでしょうか?



答えはNO

まず、転職を決断したのには、それなりの理由があるからです。
その理由が、現在の職場や仕事に対して、高いストレスを感じ苦痛に感じているのであれば、自身の心身のことを考えるべきでしょう。

また将来設計のための転職であっても、転職には、ニーズの波の変化などがあり、動くべきベストのタイミングというものがあります。
辞め時を考慮したがために、成功率の高いタイミングを逸してしまうと、あなたの将来設計はここで崩れることにもなりかねません

会社の事情に合わせてあげてもメリットはない

会社に対しては、確かに恩があるかもしれませんが、所詮は一人の従業員という立場です。
会社側が、親身になってあなたの将来に対して何かを保証してくれたり、具体的なアクションを起こしてくれることはまずあり得ません。

上司などは、引き止め工作のために、会社がどれだけあなたのことを必要としているか訴えてくることでしょう。
そして、辞めるタイミングが悪ければ、恩を着せて、もうちょっと時期を考えてくれとも説得してくるはずです。

しかし。給与をアップするだとか、その間の勤務時間を考慮してくれるなどの具体的にあなたの利益になるアクションは、起こしてはくれません
何もしてくれない言葉だけの会社の対応ですから、逆にあなただけが会社の事情を考慮する必要はないのです。

特に介護の必要が出てきた。
出産をして育児などのサポートが必要であるといった家庭的な事情がある場合には、何よりも優先すべきは、家族の意見であり上司や同僚の意見ではありません

このような場合には、先に転職活動を行い、家庭の変化に対応出来る条件の転職先を探しておいてから、すぐに動けるように準備をしておくべきでしょう。


20代後半なら迷わず辞めていい

自分の人生は自分で決める

迷っていると最大のチャンスを見逃すかも?

スキルアップや仕事のやりがい、活躍の場を求めて転職をするなら、辞めるタイミングは、自分の都合を最優先させるべきです。

せめてプロジェクトが終わるまで、形になるまで。
新人がある程度に育つまで待ってくれ。

これらは引き止め工作に使われる典型的なフレーズですね。
しかし、新人が育つまでには、どのくらい掛かるのでしょう。

プロジェクトが形になるのは?
完成と会社が認めるのは、何年後なのでしょうか?

そんないつまでと確定出来ないような曖昧な言葉を信用していると、転職のベストな時期を逸してしまいます
そもそも、裏を返せば、そこまでいけば君は辞めても構わないと言われているのです。

転職に最適なタイミングで会社を辞める

だとするなら、転職のタイミングは、自身の都合で行うべき。
スキルを身につけてから転職をするという考えは、間違いではありません。
しかしながら、あなたが20代後半という年齢であれば、今すぐにでも、転職すべきです。
なぜなら、30代より20代、転職のタイミングは早い方が有利なのは事実です。

一般的な企業の考えでは、現場を任せるのは、20代まで。
30代になると、ある程度の責任のあるポストや、管理職に就けるというのがスタンダードです。
つまり、会社での位置づけが20代後半と30代では、まるで違っていることが多いということ。

もしもあたらしい世界で、色々なものを吸収したいと思っているのであれば、最前線で動くことが出来る20代後半の時期こそベストなタイミングなのです。

実際に転職サイトなどを利用してみれば分かると思いますが、各年代の中で一番ターゲットにされているのは、20代後半の人材になります。
これは、転職市場のメインターゲットと言っても過言ではありません。

一番自分の価値を高く評価してくれる時期に、会社の都合を優先して、タイミングを逸してしまうのは、まさしく愚の骨頂と言わざるを得ないのです。


まずは行動してから調整していく

駆け抜けるビジネスマン

20代後半は転職に最適な時期である

20代後半で一番売れる時期だから、会社を辞め、いざ転職活動をしてみたものの、思ったように良い求人と巡り会えない。
こんな経験をしている方もいらっしゃいます。

確かにメインターゲットではありますが、まず辞めるという選択肢は間違いです。

まずは転職活動をしてみましょう。
仕事をしながら、転職活動をするのは容易ではありません

しかし、それは個人レベルでの転職活動の場合です。
現在では、転職エージェントや転職サイトが存在しており、在職中でも、こちらの条件さえ伝えておけば、その条件にマッチしている転職求人を紹介してくれます。

転職失敗の事例で最も多いのは、焦って転職先を決めてしまうこと
最初にやめてしまい、収入がゼロだと生活が出来ないから、とにかく早く収入を得たい。
だから、条件面でも多少の妥協をする必要が出てきて、入職してから後悔するといったパターンです。

まずじっくりと時間を掛けてでも、自分にベストな転職先を見つけるというスタンスが大事
そのために、仕事は続けておき、その間に転職エージェントなどの便利なサービスを使って、無理のない転職活動をスタートさせましょう。

それでいよいよ本格的に動き出したという状況になった時、退職の時期を調整していけば良いのです。
こういったことも、自身で行うのが難しい場合には、転職エージェントなどのキャリアコンサルタントがサポートをしてくれたり、アドバイスをしてくれますから安心しましょう。

会社中心の辞めるタイミングは全く考慮する必要はありません。
雇用期間を契約で定めていない限りは、退職を拒否する権利は会社側にはないのですから。
※有期雇用契約のケースでは企業が離職を拒否する場合があります

まとめ

会社を辞めるタイミングは、自身の都合で決めるべき。
会社のことを考えても、いざとなれば、会社はあなたのために何もしてはくれません

特に20代後半は、転職市場のメインターゲットになっており、最も売れるこのタイミングを会社の都合で逸するのは、将来設計にも関わる大きな失敗になる。

転職の進め方には、十分に考慮をすべきで、転職方法としては、まず辞めるのではなく、転職活動をして進捗状況に合わせ、自分のタイミングで退職を切り出すのが賢い方法です。

転職エージェントなどを活用することによって、自分一人の転職活動では難しい在職中であっても、スムーズにトラブルなく進めることが可能になります。

関連記事
・転職する時期は何月がおすすめなのか?はこちら

・会社(仕事)を辞める時期(タイミング)はいつが良いのか?はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

仕事にやる気のでないサラリーマン

仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・・・ そう感じながら働い

記事を読む

仕事のミスや失敗で
辞めたい時に確認すべきこと

職場でのミスや失敗は誰にでもある事です。 新入社員は勿論、ベテランであっても時には

記事を読む

会社(仕事)を辞めたい!
職場の人間関係で転職する際の3つの注意点

以前、仕事を辞めたい理由 ベスト5でもお話しましたが、仕事を辞めたい理由が人間関係という人が

記事を読む

仕事辞めたい病にかかっている

仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病』。 厄介なこの病気の本質と

記事を読む

会社(仕事)を辞める時期(タイミング)はいつが良いのか?

転職して自分を今より生かせる環境に移ろうという話をよく聞きます。 しかし、実際のところ

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑