*

仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




仕事辞めたい病にかかっている

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病』
厄介なこの病気の本質とその対処方法を紹介します。

まず、大前提として『仕事辞めたい病』は克服しようとしない事が重要です。

オイ!っと思う方も多いと思いますが、これが現実的です。
なんとか耐えようとか、どうすれば辞めたいと思わなくなるようにするとか、考えるだけ無駄です。

ただ、たった1つ位だけ解決策があります。
非常に簡単な解決策は転職することです。

なぜ転職する事で、仕事辞めたい病の対策になるのかを説明していきます。

仕事辞めたい病の原因

病んでいるサラリーマン

人間関係が嫌になっている

仕事辞めたい病の中で、最もありがちな理由です。

職場の同僚、先輩、上司、社長など職場の人間関係に疲れきって、仕事を辞めたい病になる。
職場の人間関係に悩むというのは、社会人全員が通る道と言っても過言ではありません。

これは人間関係問題の種類や悩みによっても変わってきますが、大部分の人はどこかで割り切ったり、諦めたりと切り替えます

切り替えが上手く出来ない人は、人間関係が理由で仕事を辞めたい病になってしまいます。
しかし、これは最も自然な考え方で反応だとも言えます。

人間関係とは、長い期間良好な関係を築いていても、たった1つの出来事等で劇的に変化してしまいます

その変化が突然大きな振り幅で起こる事もあれば、毎日少しずつ変化して、気が付かない内に修復が不可能になってしまう事もあります。
しかも、相手がいる事なの自分一人ではどうしようもありません。

一度、自分自身で関係の修繕を図りたいと思うのか?
を考えてみて下さい。

関係の改善をしたいと思うのであれば、一度自分から関係の改善を試みてみればいいでしょう。

改善されれば問題ありませんが、改善を試みても上手く行かない場合は、その相手とは合わなかったと思って諦めしまう事が賢明です。

自分と合わない人間や、関係性が悪いばかりに不利益を被るようならば、そんな縁に固執する必要は全くありません

待遇への不満が大きい

こちらも比較的ありがちな理由ではないでしょうか?

待遇にも色々ありますが、まずは給料です。
お金に不満があって仕事を辞めたい病になっている人は、各種調査結果からもかなりの割合で存在しています。

ただ、給料に関する不満のある人達にはある共通点があります。
厳密に言うと、人ではなく勤めている会社ですが。

まず、昇給など給料が上がっていない会社に勤めている人。
ボーナス等がカットされてしまって、給料が下がってしまった会社で働いている人。

こういう人達です。

さらに給料が上がらない、下がってしまった人達が務める会社では、長時間労働や休日出勤など労働時間の長さも目立ちます

業績が悪化している企業では、ボーナスカット、減給などの他にサービス残業を強要されたり、サービス残業が常習化しているケースも珍しくはありません。

当然、そんな待遇で今後の昇給などが期待出来ない場合は、仕事辞めたい病にかかってしまいます。

また、減給やサービス残業はないものの、長時間労働を含め過酷な労働環境に従事している人も仕事辞めたい病にかかりやすいです。

これは企業の経営に関する問題ですので、従業員であるあなたが一人でどうこうできる問題ではありません。
働く企業を変えることだけで全てが解決する場合がほとんどです。


仕事にやる気が出ない

これは大企業などで起こりやすい仕事辞めたい病です。

熾烈な競争を勝ち抜いて、名の通った大企業に就職しても、大企業というのは非常に無機質な人事が当たり前です。

例えば、営業をしていたのにいつの間にか経理に異動になったなんて話は日常茶飯事です。
また、入社時の希望職種につけないなんて朝飯前です。

やりたい事があって入った企業なのに、やりたい仕事が全く出来ない
モチベーションが維持出来ずに、仕事辞めたい病に陥ってしまう典型的な例です。

しかし、なまじ大企業に就職してしまったが故に、その職場を変えられない。
だから仕事辞めたい病のまま、続けて仕事をしている人も多いのです。

大企業でなくても、そもそも好きではない業務についている人や、どうしても嫌だ、苦痛に感じる業務がある。
こんな人も仕事辞めたい病にかかりやすい人です。

1つ基準として、今の職場に「あの人のようになりたい」と思える人がいるかどうかがポイントです。
社内に自分の理想とするような人が居ない場合は、職場を変えた方がいいでしょう。

大体、大企業などは役職がついている人が、ある日居なくなっても平然と回っていくんです。
非情ですが、あなたがいなくなったとしても、全く問題はないのです。

モチベーションがない状態で続けるよりも、情熱を注げる仕事に就いた方が断然いいです。

仕事辞めたい病の原因は別でも対応は同じ

転職サイトを眺めるサラリーマン

最初に書きましたが、仕事辞めたい病にかかっている人は、辞めてしまえばいいんです。
仕事辞めたい病の原因を取り除かなければ、何も変わりません

また、仕事辞めたい病だから会社を辞めよう!
そう決心すると、思っているよりずっと精神的に楽になります。

職場が嫌なら職場を変える

上にも書きましたが、職場の人間関係や待遇、労働条件が嫌な人であれば、そんな職場に居続ける必要はありません

人間関係が良好な会社や待遇の良い会社を探して転職してしまえばいいんです。

どうしても社歴が長くなってくると、その会社の基準でしか物事を考えられなくなってきます
しかし、世の中には多くの企業が存在し、必ずあなたが望むような職場があります。

仕事辞めたい病で会社を辞めて転職する際に、ポイントが2つあります。

1つは、在職中に転職活動を行うことです。
これには明確な理由があります。

まず前提として、仕事辞めたい病の原因である、「職場の嫌な要素」を取り除いた職場に転職したい訳です。

という事は、転職先は仕事辞めたい病の原因になる要素がない事が条件になります。

ではなぜ、退職後の転職はおすすめしないのか?

それは、退職後に短期間で転職が決まらないと転職の意味がなくなってしまう可能性があるからです。

当然ですが、退職後に働いていない期間が長いと、転職活動そのもので不利になってきます。
さらに経済的なことや精神的な余裕がどんどん削られていってしまいます。

そうなってくると、転職先の情報を入念に確認せずに転職してしまったり、焦って飛びつく形で転職してしまう事があります。

転職してから、これじゃあ前の会社と変わらない。
なんて事にならない様に、在職中の転職活動をおすすめします。

もう1つのポイントですが、それは転職エージェントを利用することです。
転職エージェントを利用すると2つの大きなメリットが得られます。

まず1つは、上にも書いた様に在職中の転職活動が可能になる点です。

転職エージェントを利用すれば、転職活動の労力が大きく削減できます

具体的にはあなたに合う、あなたの求める求人を紹介してもらえるので、自ら探す必要はありません。
さらに、あなたの基本的なスケジュールを伝えておけば、応募先の企業との日程調整も代理で行ってもらえます。

自分でやる事と言えば、紹介される求人案件の中から応募する企業を選ぶだけです。
そして、書類選考を通過すれば面接に臨むだけ。

転職活動の物理的負担を大きく減らしてくれるのが、転職エージェントなんです。

さらにもう1点、転職先の情報を入手する事が出来るのも大きなメリットです。

転職する理由を明確にしておけば、それを転職エージェントに条件として伝えるだけで、条件を満たした求人を紹介されます。

本来、転職先内部の情報は入社するまで分かりません。
特に人間関係や具体的な労働環境に対する情報は収集のしようがないのが現実です。

しかし、転職エージェントならクライアントである企業側から詳しいヒアリングを行っているので、応募先企業の内部情報を入手する事ができます。

この情報さえあれば、仕事辞めたい病の原因がありそうな求人を避ける事が可能です。

仕事そのものが嫌なら職種を変える

業務内容や仕事そのものが嫌な人は、職種を変える事で簡単に解決します。
自分がやりたかった仕事を理由に転職してしまえばいい訳です。

しかし、ここで注意して欲しい事があります。
それは年齢と現在の業務の関連性です。

年齢が高くなってくると、未経験の職種への転職はかなり厳しくなってきます
他にも職種が変わるという事は、原則的に条件面は悪化する事が予想できます。

簡単に言うと、

給料は下がる覚悟はしておけ!

という意味です。

条件面での妥協が出来ない人ならば、簡単に職種を変える事はおすすめしません。

その業務内容が原因で仕事辞めたい病にかかっていたとしても、必ずしも職種を変える必要はないのです

企業が変われば、同じ職種でも業務内容の詳細は大きく変わってしまう事はよくあります。
それを逆手に取って利用すればいいんです。

さらに、職種は変えるが同じ業界に転職する様にすれば、条件面の悪化を緩和する事ができます。
そういう意味で、現在の仕事との関連性がある所に、転職先を求めるのがベターと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

実は、みんな同じような原因で、仕事辞めたい病にかかっているんです。

実際に仕事辞めたい病になってしまった時に取れる行動は、たったの2つ。

我慢して働くか、辞めるかのどちらかです

その2つのどちらを選択すればいいのか?が分からない人は、仕事に何を求めるかを設定して下さい。
仕事に対してどんな価値観を持っているのか?を考えてみましょう。

給料がいい会社で働きたいのか?
やりたい仕事がしたいのか?
人間関係が良好な所で働きたいのか?

必ず優先順位があるはずです。
優先順位が明確になれば、最も優先すべき箇所を絞って、転職してしまえばいいんです。

出直しするならば早い方がいいので、とっとと転職してしまいましょう
我慢して仕事辞めたい病のまま働いても、何もいいことはありません。

モチベーションが低いまま、好きなでもない職場や仕事で無駄な時間を費やすよりも、自分の求める職場や仕事で働く事を選択しましょう。
無理に仕事辞めたい病を治そうとしたり、克服しようとする必要はありません。

関連記事
・仕事のストレスで辞めたい…病気になる前に転職しようはこちら

・仕事(会社)に行くのが怖い!辛い!会社を辞めたい時のチェック項目はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

仕事(会社)を辞めたい時と辞めるべき時の違い

私も今まで数えきれないくらい、「仕事辞めてーなー」とか「こんな会社早く辞めたい」と思う時

記事を読む

仕事(会社)を辞めたい理由 ベスト5

一体みんなはどんな理由で仕事を辞めたいと思うのか? 誰しも一度は「会社を辞めたい」

記事を読む

全力で逃げる会社員

仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げたい 職場から逃げたい

記事を読む

今の仕事(会社)を辞めたいのに
辞められない人の特徴とは

仕事を辞めたい、会社を辞めたいと思う人は結構多いのですが、実際に辞めて転職されていく人と

記事を読む

ブラック企業の辞め方とは?
辞めるまでの2つの手順

今の世の中ブラック企業と呼ばれる社員を社員とも思わない酷い企業が沢山あります。 入社し

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑