*

転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術


総合系・IT系・看護師系・薬剤師系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




転職が上手く行かず頭を抱える

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。
自分の条件に見合った求人が見つからない。

仕事をやめてから転職活動をしてしまっており、無収入の焦りから、適当に転職先を選んでしまい、失敗する。

転職を失敗してしまう理由は、本当に人それぞれです。
しかし、失敗をしている方の多くが、ある共通点を持っているのは、ご存知でしょうか。

失敗する方と成功する方は、ほんの少しの違いしかないと言われています。

どうしてもうまくいかないことにお悩みであれば、転職失敗を繰り返している方が持っている共通点などを把握し、それをなくすだけでも十分に成功に導くことが可能になります。

ここでは、今からでも間に合う転職術を紹介していきましょう。

転職が上手く行かない理由が分かっているか?

上手く行かない理由が分からない

自分勝手な条件が多すぎる

まず、転職に失敗してしまう方が持っている共通点として、最も多いと言われているのが、条件過多の状態であるということ。

例えば、給与面では最低10万円アップ
勤務時間は9:00から17:00の休憩1時間、実働7時間
勤務時間は、20分圏内
交通費全額支給、マネージャー以上の役職でなければいけない。

何でもかんでも自分の都合の良いように転職条件を出して、転職先を探そうとしていませんか。
正直言って、こんな美味しい求人は存在しません。

何かしらの妥協点を設けるべきなのです。
これらの数値的な条件がかなっても、今度は職場の人間関係が気に入らないとなれば、どうするのでしょうか。

ですから、条件を多く持ちすぎている方は、転職に失敗するのです。


転職の目的をハッキリと持つ

他にも、目的がイマイチはっきりしていない方も、失敗するケースが多いとされています。

例えば、今の会社では、これがしたいのに実現が不可能だから転職をしたい。
こんな仕事がしたいから転職をする。

こういった明確で前向きな目的があればいいのですが、失敗する人は、同じような業界で同じ営業職なのに、残業もなく、給料も上だから羨ましい。

自分もそんな恩恵に預かりたいといった曖昧な目的で転職をされるケースが多いのです。
これは現実から逃げるための転職であり、こういった弱い気持ちから行う転職では、まず失敗します。

他にも手段を間違えてしまっているケース
転職を実現させるには、いくつかの手段があります。

転職エージェントもあれば、公共のハローワークや、一般求人誌やサイトなどを使っている方もいるでしょう。

また自主応募をしたり、企業のホームページ内から応募する方もいらっしゃいます。
ただ、この手段を間違ってしまうと、残念ながら転職には失敗してしまうことが多いのです。
目的を達成できるのかどうか。

転職までのスピードや手間なども考慮して手段を選ぶべきです。

そして市場のニーズと自分の希望条件に大きな乖離がある場合にも失敗すると言われています。

例えば市場は総合的に広く浅くといったオールマイティな人材を求めているのに、自身の希望はより狭く深くといった専門性を高めたいといったものでは、例えスキルアップやキャリアアップといった前向きな目的や条件でも失敗に終わることが多くなるのです。


転職を成功させるのに必要な条件

成功への道

転職する目的を洗い出す

それでは転職を成功させるための条件とは、どういったものがあるのでしょうか。

まずは、失敗する人の共通点でも言った目的過多をなくすこと。
つまりは、はっきりとした目的を決めることです。

何もなく、漠然と転職活動をしている方は失敗します
何も計画を立てることなく、目的もなく闇雲に転職活動をしているわけですから、失敗するのは当然ともいえますね。

自分自身が何を考えていて、何を目的にして仕事を選択するのか。
このベースがしっかりとしていないと、情報収集の方法から、選択すべき手段。
更に転職までのスピードなど、全ての歯車が狂ってきてしまうことになりますから、注意しましょう。

何のために、どうして転職をするのか。
到達する目的地はどこなのか。
はっきりとした目的を持つようにするべきです。

将来のビジョンと言い換えてもいいですが、大げさではなく、定年を迎えた時にどのような終わり方したいのかというゴールから逆算をして、そこまでに踏むべきステップを把握する。
ここまであれば、後は計画を練り、実行をすればいいだけなのです。


洗い出したら整理する

そして次に条件の整理です。
沢山に示したい条件を絞り、ぐっと3つくらいにとどめましょう。

例えば、年収は最低450万円。
その理由は、住宅ローンの返済と生活費を考えると引けない金額だからといったように理由も明確化することが大事です。

更に職種はIT業界で残業時間は、月に70時間まで。
スキルアップとキャリアを考え、残業時間は70時間を越えて、過去に体調を崩してしまった経験があるためなどです。

条件を整理するコツは、絶対に妥協が出来ない条件を決めることです。
逆にここを妥協してしまうと、転職をしても後悔の念がつきまとうことになりますから、結果的に失敗してしまうのです。

ここまで来たのなら、目的と条件に対して優先順位をつけましょう
すでに優先順位はつけていると思いますが、妥協が出来る部分は妥協し、絶対に譲れない部分は、意地でも譲らないようにしましょう。

結果、求人が見つからなかったとしても、じっくりと条件を満たされる求人が出てくるまで待つべきです。


プロのサポートを受ける事が近道

support

業界に精通した専門のエージェントの存在

前述のような転職活動が出来れば、失敗することはないでしょうが、これを冷静に実行していくことは困難です。

ただし、転職エージェントを利用することによって、これらの全てをフォローしてくれることになります。

まず、これまでの転職失敗の理由を転職エージェントに相談をすれば、明確に答えを出してくれます

その結果から、キャリアコンサルタントが、前述の成功する秘訣で解説したように、目的をもたせ、条件面を整理し、優先順位を決めて、初めてあなたにマッチする転職求人を紹介してくれるのです。

当然、紹介した求人に必ず応じる必要はなく、気になる点などをヒアリングしてくれ、決め手に欠けるものであれば、次の転職求人を紹介してくれます。

このように転職エージェントであなたのキャリアをコンサルティングしてくれるのは、転職成功のコツを掴んでいる方ばかりです。

その上で、もともと看護師の仕事をしていただとか、金融業界で活躍していたといったようなそれぞれの業界のプロ中のプロが担当してくれます

ですから、話が通じないなんてこともなく、それぞれの職種の特徴を把握した担当者が責任を持ってサポートを行ってくれるのです。

これほどに心強い味方は、いないのではないでしょうか。

彼らが転職成功に導いた実績は、平均転職回数2.5回という日本において、あなたの人生4回~5回分ではきかないくらいの圧倒的な成功例を生み出しているのですから。


まとめ

転職がうまくいかない方には、条件過多や目的が曖昧などの共通点があるものです。

転職を成功に導くためには、目的を明確化し、持っている条件を精査して、この両方に優先順位をつけることで、随分と成功率を上げることが可能。

ただし、個人レベルの転職活動で、成功のポイントを冷静に踏まえながら実践していける人は稀であり、そのために協力なサポーターになるのが、転職エージェントの存在だということ。

転職エージェントが転職成功に導いた実績は、沢山に存在しており、平均転職回数2.5回の日本においては、人生4回から5回分でも足りないほどに多く存在している。

だからこそ、成功のコツを熟知している転職エージェントを使わないと損をするのです。

関連記事
・初めての転職のやり方!7つ手順を公開-転職エージェント登録編-はこちら

・初めての転職のやり方!7つ手順を公開-履歴書・職経歴書・面接編-はこちら

・転職エージェントを一覧で比較してみる



リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職サイトです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
DODA デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職サイト。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門【ギークリー】

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
ファルマスタッフ

調剤薬局チェーン第2位の「日本調剤」の子会社が運営している、転職エージェント。
大手の薬剤師転職エージェントが扱っていない、派遣薬剤師の求人に非常に強い。
時給も3000円前後と高給で派遣薬剤師の取り扱いは日本一である。
また、必ず対面面談を行う為に、全国に15拠点をかまえている。
拠点は
札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・大宮・北千住・立川・新宿・町田・船橋・京都・神戸
ナースではたらこ

看護師専門の転職サイト。
看護師系転職サイトの大手。
全国の医療機関のほとんどの求人を網羅しているので、求人数は圧倒的な数を誇る。
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
保育エイド

保育士専門の転職サイト。
保育園の仕事で多い悩みが人間関係。
保育エイドでは職場の雰囲気といった情報まであるので、人間関係に困ることのない職場に出会える可能性大。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

要求するサラリーマン

転職時の希望年収はどこまで要求してもいいのか?

現在の年収では満足出来ずに、転職をして年収アップを目指す場合もあると思います。 そのような

記事を読む

数字

転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽいというイメージを抱かれるため、

記事を読む

会社(仕事)を辞める為の3つの準備をしよう

今、勤めている会社を辞める決心をしたら、会社を辞める準備を始めましょう。 この準備

記事を読む

結婚した夫婦

結婚前と結婚後の転職の違いとは?

結婚の予定がある女性の中には、転職を検討されている方もいると思います。 現在、結婚前と結婚

記事を読む

転職に成功した中年サラリーマン

中高年の転職を成功させる3つのポイント

中高年の方で転職をしようか、不安で迷っている方もいると思います。 そこで中高年の方の転

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?
35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

一万円札
給料のいい仕事を簡単に探す方法

転職を決める場合や、転職先をどうやって決めるかといった条件面で

砂時計でタイミングを計る
会社(仕事)を辞めるのにタイミングを計る必要はない

転職をしようとした場合、転職先を探すと共に、現在の職場を去

数字
転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽい

→もっと見る

PAGE TOP ↑