*

ブラック企業の見分け方は離職率が高い会社だけじゃない!


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




030


ブラック企業を見分けるためには、単に離職率が高いという事だけに限らず次のような点をチェックすることによって、より明確に見分けることが出来ます。

入社してからでは遅いので、入社前にどうすれば見分ける事が出来るのかをご紹介したいと思います。



求人募集の甘い言葉に要注意

好条件すぎるのになぜ募集しているか?

まず求人募集の内容をよく見てください。
給与も同業種にくらべて高く、休みも多い。

一見理想の企業のように見えます。

しかしよく考えてみるとなぜこのご時世にこの様な好待遇の会社を辞める人がいるのでしょうか?

社内でパワハラ、セクハラ、マタハラなど何か人が居続けることが出来ない理由があるはずです。

そうでもない限りこの厳しいご時世会社にしがみつくはずです。

勿論偶然の欠員補充の場合もありますが、明らかに好条件の求人にはそれなりの理由が必ずあります。

非常に良い条件で働く変わりに、非常に重い責任を負わされたり、過酷な業務が待っていたりする可能性もあるので、好条件というだけで飛びつくのは危険です。

キャッチコピーに騙されない

次によく募集広告などで目にする次のフレーズに注意してください。

「頑張れば頑張っただけ評価します」という事が良く書かれているのを目にします。

これは販売職や営業関連の求人に多いのですが、過剰なノルマを課しますという事の裏返しです。

ノルマを達成できなければ、給与も安く、パワハラを受けるケースも多く社内でもいずらくなる雰囲気になります。

中にはノルマを達成できなければ、自腹を切らされるというケースも多々あります。

なので最初は待遇面に引かれ入社しますが、厳しいノルマについていけなく辞めていく人が多いため離職率が高く、常に求人募集を出しているという事なのです。



労働条件に関する内容が不足している

労働時間から見分ける

次に月平均の時間外勤務時間と時間外手当を見てください。

時間外手当がみなし手当とあっている場合は書かれている月平均の時間外勤務時間は関係ありませんし、定時で帰ることはできません。

会社自体が残業しないと帰れない雰囲気があり、定時で帰ろうものなら嫌がらせを受けたりします。

また業務上定時で終われるような業務量でもなく、会社自体が残業ありきのシステムになっています。

典型的な長時間労働のシステムなのです。

意図的に残業時間を少なく表記している会社もあります。

通常、みなし残業がある場合は、給与の条項に30時間のみなし残業込み等の記述があります。

これを加味して本当の残業をしっかりと把握する必要があります。

幹部に求められる要項がない

また幹部候補募集という求人にも注意が必要です。

こういった企業はハッキリ言うと社員を育てることが出来ない使い捨て型のブラック企業である場合があります。

自社の社員を幹部を任せることのできる人材に育てあげることが出来ないのです。

自社では社員を育てずに、適当に使える人材を外から手軽に募集しようという事なのです。

ブラック企業の特徴として、自社の社員にはお金をかけないという共通点があります。

この様な会社は入社しても業務内容などは自分で覚えろといった場合が多く、責任だけを押し付けられてしまうので入社してから大変な目にあいます。

そうじて社員の勤続年数も短く若い社員が多いといった特徴もあります。

通常、幹部候補ともなると非常に高いキャリアやスキルを要求されます。

それらの要求がなく、ただ単に「将来の幹部候補」などと書かれている場合には注意が必要です。

常時、求人募集が出ている

最も分かり易いのは常に求人募集や広告を出している企業です。

そして募集理由が欠員募集の場合は、ほぼブラック企業です。

入社しても次々と離職していくので年中求人募集をしなければならないといった企業では
総じて離職率が驚くほど高い企業といえます。

一年で社員の大部分が入れ替わるといったケースも珍しくありませんのでこの様な企業は要注意です。

これは一度見ただけでは分からないかもしれません。
そういった場合ハローワークでしたら、職員に直接確認してみて下さい。

なぜその会社が従業員を募集しているのか?
簡単に知ることは出来ませんが、募集内容や募集状況をよく観察すれば、ある程度は分かるハズです。



まとめ

ブラック企業の定義は難しいといわれていますが、一般的に長時間労働、パワハラ、セクハラなどのハラスメント行為や過剰なノルマを課せられるといった社員を使い捨てるような企業がブラック企業といわれているのが現状です。

ブラック企業を見分けるのに離職率はとても有効な基準になりますが、これまで書いてきたことを念頭に置いて求人を精査することで、さらにブラック企業を見分けやすくなると思います。

因みに今回の見分け方については、ハローワークや求人雑誌等を利用して自力で転職しようとしている人に向けてのものです。

転職サイトを利用した場合には、ほぼ間違いなくブラック企業の心配はありません。

転職エージェントに紹介をしてもらう企業にはブラック企業と呼ばれる会社はまずありえません。

詳しい理由については、今後書いていきたいと思います。





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

上司が嫌いな人必見!上手く付き合う3つテクニック

会社の仕事や待遇そのものには大きな不満はないものの、上司に恵まれずに苦労している人は多のでは

記事を読む

ブラック企業の辞め方とは?辞めるまでの2つの手順

今の世の中ブラック企業と呼ばれる社員を社員とも思わない酷い企業が沢山あります。 入社し

記事を読む

ブラック企業とは?こんな求人はブラック?

「ブラック企業」という言葉が叫ばれて久しい現代社会です。 何をもってブラック企業とする

記事を読む

ハローワークはブラック企業の温床?転職するならエージェントを利用しよう

ブラック企業に転職しない為にはどこで転職先を探せばいいのか? ネットサービス等を利用し

記事を読む

2019年に転職するなら おすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか?

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

→もっと見る

PAGE TOP ↑