*

転職エージェントDODA(デューダ)の評判と体験談


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく






DODA体験談


転職サイトでも大手のデューダ
DODA(デューダ)のエージェントを利用して転職に成功した方を取材したので、体験談を参考にしてください。

DODAを利用しようとしたキッカケ・転職の動機

26歳・男性・愛知県・証券会社・営業・在職中の転職

営業職という事もあり、残業が多く、帰宅が深夜になる事も多く、休日も休日出勤が多くて、2週間休みが取れない様な時もありました

あまりにも労働時間が長く、勤務形態が辛すぎるため、体重が10kgも落ちてしまい、このままでは肉体的に持たないと思い、転職を決意しました。

転職先を決めずに退職する事が怖かったので、転職サイトで大手であるデューダリクルートエージェントに登録して転職活動を開始しましたが、DODAのエージェントの人が丁寧に感じられたので、DODAをメインに転職活動を行いました。


DODA利用の流れ

DODAのサイト登録

サイトへの登録項目

・名前(必須)
・生年月日(必須)
・性別(必須)
・現住所(都道府県のみ必須)
・電話番号(必須)
・会員ID「メールアドレス」(必須)
・パスワード(必須)
・最終学歴(必須)
・卒業区分(必須)
・現在の勤務状況 現職中か離職中の選択(必須)
・転職回数(必須)
・勤務先名(必須)
・雇用形態(任意)
・勤務期間(任意)
・業種(必須)
・職種(必須)
・年収(必須)
・希望条件自由記入欄(任意)

さらに「エージェントサービス」「スカウトサービス」「メールマガジンサービス」の利用申込みのチェック欄がありました。

「エージェントサービス」「スカウトサービス」にチェックを入れて利用しました。

DODA(デューダ)サイトで良かった点

サイト内で福利厚生や会社規模、勤務形態まで幅広く選択できる項目があるのは助かりました。
自分の希望した条件に合致した企業の求人情報が手早く見れるのが良かったと思います。

サイト全体のデザインも一目でどこに何があるからが判別できて、判断能力の落ちている深夜に使用しても誤動作はなくストレスなく使用できました。

DODA(デューダ)サイトで悪かった点

まず、エントリーするのにDODAのエージェントとの面談をいちいちしなくてはいけないのが手間でした。
わざわざエージェントとの面談を挟むほどでもない位の低いポジションであっても同様の対応でした。

加えて、企業からのプライベートオファーメールの頻度が高すぎて煩わしく感じました。
全く興味の無い企業からも頻繁にメールが届きました。

しかも、その興味の無いメールを読まずに放置していると、1時間後に
「~ホールディングスからのオファーが未読になっています!ご確認ください!」
とダメ押ししてきます。

備忘しないようにおせっかいを焼いてくれるのかもしれませんが非常にイライラした部分でした。


DODAのエージェントと面談

登録時の面談は来社して行いました。
来社した時、かなり静かなオフィスだと感じました。

高級感のあるエントランスで呼び鈴を押して入室するとすぐに個室の面談ブースに誘導されました。
面談時に他の面談者の声が全く聞こえてこないくらいしっかりしたブースでありプライバシーは守られていました。

面談にあたって、案内をしてくれた方に登録情報のアンケート用紙への記入を促されました。
そこに希望する職種や業界、年収を記載させられました。

その後、若い男性のエージェントが入室して面談に入ります。
その面談ではアンケートに書いてあることに逐一質問や突っ込みを受けました。

前職ではどういう営業をしていて、どれくらい売り上げがあったのか、どういう上司だったのか、会社の雰囲気はどうだったなどを聞かれました。

その後は、希望する求人内容に関するヒアリングが入念にされました。


求人を紹介してもらう

中小企業やベンチャー企業が半数くらいでした。
もう半数は誰もが聞いたことがある大企業の求人が多かったです。

求人を出している企業規模は様々でバランスがいいと思いました。
隠れた優良企業の紹介も多く、DODAさんの知名度や案件発掘能力には驚きました。

DODAの特徴として、管理部門やコンサルタントの求人が多かったです。
営業職の求人はあまり多くなかったような印象でした。

管理部門の求人は常に数十件あり他のサイトや他のエージェントと比較してもかなり多いと思います。

それと、エージェントさんが紹介企業の雰囲気や上司になる人物の人柄もしっかり教えてくれるのは助かりました。

営業担当の方が実際に会社まで来訪してヒアリングをしっかり行っているそうです。
具体的にどういう方が欲しいかまで仰ってくれてミスマッチが防げます。

加えて、求人が無くても求職者の経歴をアピールし企業に働きかけてポジションを作ってくれるということも積極的にやってくれます。


エージェントへの要求(希望)は聞いてもらえたか?

希望は基本的に聞いてもらえました。
当初、コンサルタント会社の求人を探していました。

そこで、何社か会計事務所から独立したコンサルタントファームを紹介してもらいました。

しかし、裁量労働制の会社が多く、下積み期間も長い丁稚奉公制のような労働環境でワークライフバランスを重視するヒトには最悪である点を指摘されてあまりお勧めできないと言われました。

その後、管理部門が会社の管理部門についての求人を紹介してもらいました。
当初は法務部など専門性の高い求人を紹介して欲しいとと申し上げました。

しかし、法務実務経験者しか採らない所が多いからもっと幅を広げるようにと忠告されました。

そこで、管理部門でも法務以外の総務部や経理部、人事部などの求人に応募するように奨めてきました。

以上のようにエージェントは柔軟に要望を聞いてくれます。


応募から採用面接、内定まで

まず、応募の前に職務経歴書の書き方や履歴書の基本的な書き方に関してレクチャーがありました。
特に職務経歴書に関してのサポートは細かく役に立つものでした。

職務経歴書を作るにあたってネットやハローワークで教えてもらえる情報を参考に自作してエージェントに見せました。

しかし、もっとどれくらいの件数の営業実績があったのか、どれくらいの会社規模だったのか、どれくらいの部署だったのかなどもっと具体的な数値を出して経歴を書くように修正が入りました。

また、前職の営業で売っていた商品の内容もざっくりとしか書いていなかったので細かく書くように修正が入りました。

加えて、前職の仕事により具体的にどのような能力がついて、どのような評価を受けたかに関しても具体的に書いて欲しいという指示が飛んできました。

応募する会社の選考にミスマッチな情報、例えば英語を使用しないのに英語を使いグローバルな人材にという一節を書いたこともあり修正させられました。

さらに文章の接続詞がおかしいから修正してほしいという日本語に関する指摘もありました。

面接前は担当エージェントの方に模擬面接をしてもらいました。
作った職務経歴書や履歴書を元に様々な角度から質問をしてもらいました。

どのような面接にも耐えれるようにというご配慮からかなり圧迫な雰囲気の質問されました。

また、受け答えの際の声が小さいなどやもう少し落ち着いて答えるべきだなどの答え方に関するアドバイスもありました。

面接後は受けた会社の面接の内容を詳細にヒヤリングされました。

どういう質問が出たか、どのような面接官だったか、雰囲気は圧迫だったかリラックスした雰囲気だったかなどを聞かれました。

そして、面接の結果選考がダメだった場合も様々なサポートがありました。

エージェント経由で面接を受けていますから、選考を受けた会社の人事担当者にどのような点で落ちたのかを聞いてくれました。

そのような点を踏まえて面接者のダメな点を修正するためのPDCAサイクルのようなものをエージェントが一緒に繰り返してくれて改善してくれます。

結果、サイトへの登録から2ヶ月で不動産関連会社の法務部管理部門で内定を頂きました。

エージェントしてもらった条件交渉

年収は管理部門でしたのでそこまで高くはなく450万円以上で交渉してもらいました。
手取りで25万円超えるようにということでやっていました。

その他待遇面は、残業代が全額出る会社なのかをエージェントに確認してもらったりしました。


DODAのエージェントについて

面談時や登録時に担当して頂いたエージェントの方は20代半ばくらいの男性でした。

非常に優しそうで丁寧な対応で好感が持てました。
わかりにくいと思う説明はありませんでした。

求人を紹介する時に、その男性の上司にあたる女性の人もつれてきて一緒に求人内容の説明を行っていました。

どうやら担当エージェントは固定ではなく案件ごとにエージェントが変わるようなシステムらしいです。

また、面接の前後は世間話などざっくばらんな会話をするなどで緊張をほぐそうとする意図が読み取れました。

全体を通して適切なフォローをして頂きました。

会社のシステムの説明、転職が決まるまで使い倒してくれればいいという説明も十分なされていました。

転職市場に非公開求人が多い理由やエージェントがどのように報酬を取っているのかに関しての説明もありました。


DODAで転職した結果

業界・業種の変化
転職前:証券会社・営業
転職後:不動産・法務部管理部門

年収の変化
転職前:500万円
転職後:500万円

残業時間の変化
転職前:70時間
転職後:15時間

休日出勤の変化
転職前:月5日前後
転職後:なし


DODAを利用して転職してみた感想

まず、サイトは大変使いやすいサイトであると思いました。
企業からのスカウトメッセージ、選考結果の通知やエージェントからの連絡もスムーズに確認できました。

サイト全体も表示速度が重くなくストレスを感じることはありませんでした。

また、紹介される求人の質も高かったです。
エージェントさんからできる限り早く転職を決めてほしいという熱意が伝わってきました。

条件面での交渉も積極的にやって頂きまして、大変満足しております。

年収は、ほぼ変わって居ませんが、労働時間が月間で100時間近く減ったので、事実上は年収で100万円ほどアップした様に感じています。

営業職から管理部門に転職したことによって身体的に楽になりました。
営業は営業成績があり、ひたすら数字を出すことが求められて、出なければ詰められます。

営業を辞めたことでそのような心理的負担が無くなりました。
無駄な残業や得意先回りなどで深夜まで働くことが無くなりました。

夜には家に帰って晩御飯を食べれます。
体重も完全にではないですが、元に戻りつつあり、人間的な生活が送れるようになりました。

また、転職後の職場の人間関係も非常によく仕事に行くのが苦痛ではなくなりました。

転職前はやや人間性に問題のある人が多かったので職場の雰囲気は非常にギスギスしていました。

労働時間と労働環境が劇的に改善されつつ、年収はキープできたので、満足のいく転職でした。









あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

転職サイト リクナビNEXTの評判と体験談

転職サイトと言えば、真っ先に思い浮かぶのがリクナビNEXT 転職サイト、最大手と言

記事を読む

転職エージェント ヒューマンタッチの評判と体験談

大手転職サイトとは違い、ヒューマンタッチは『教育』を軸にした人材事業を展開する転職サイト

記事を読む

ギークリー体験談

ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職を専門で行っている、ギ

記事を読む

転職エージェント ナースパワーの評判と体験談

看護師専門の転職サイトのナースパワー。 ナースパワーを実際に利用して転職に成功した

記事を読む

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を持つファルマスタッフ。

記事を読む

2019年に転職するなら おすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか?

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

→もっと見る

PAGE TOP ↑