*

転職するならハローワークより転職エージェントを利用しよう


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




ハローワークでの転職が上手く行かない


一昔前と比較して、終身雇用という概念が低くなったことから、転職に関してのハードルも現代では低くなっていますね。
欧米などでは、「Like a Rolling Stones」なんて格言があり、使える人材こそ、何度も転職を繰り返すものなんて言われています。

そしてこの考えは、一つの会社に一生を捧げるという考えだった日本でも、浸透し、スタンダードになりつつあります。

転職求人を探すにあたり、その方法はいくつか存在しますが、一つは転職エージェントなどの民間のサービスを利用するパターン。
もう一つは、ハローワークなどの公共のサービスを利用する場合です。
一体どちらの方が転職には有利なのでしょうか。



ハローワークは使えない?

ハロワはダメ

時間的にハロワを使う事ができない

転職をするにあたり、パッと思いつくものといえば、公共サービスであるハローワークでしょう。
公共の機関というだけあって、安心感が高いのは言うまでもありません。

更に、利用するにも無料ですし、何より失業保険などの申請ついでに新しい転職先を探すことが出来ますから、便利だという考えの方は非常に多くいらっしゃいます。

しかしながら、全国のハローワークの受付時間をチェックしてみて下さい。
ほぼ全部のハローワークは、月曜日から金曜日の平日しか受付をしていません。
その上で時間帯も8:30から17:15までといったものです。
これはどういうことかというと、完全に失業状態にある方の転職にしか対応が出来ていないということです。

警備員や居酒屋などの夜勤帯の仕事をしている方であれば、現職でも利用出来るものの、一般的な会社員であれば、この受付時間内にハローワークを訪れることは、ほぼ不可能なのです。
結論からいえば、ハローワークという機関は、会社が倒産して失業した方。
引っ越しや、クビになったといったような自分の都合により現在失業している方向けのサービスであり、現在の給与や会社の待遇に不満がある。
他にも、スキルアップのために転職したいなどといった方など、現在進行形で仕事をしている方が、転職をしたいと考えている時に利用すべきサービスではないということです。

ミスマッチが起こりやすい

また、現在進行形で働いている従業員などの現場の声などが、リアルタイムで聞ける転職エージェントなどのサービスと違い、旧態然とした求人を出す会社側から提供される情報しか掲載されていないのも問題視されています。

これもそもそもが失業者向けに求人を「出してあげる」というスタイルになっているため起こることです。
ハローワーク側は、とにかく失業者という期間を抜け、早く働いて欲しいことが目的
採用側は、仕事がない人間を仕方なく雇ってあげ、それをすることによって得られる補助金がある。

だから双方共に転職をした後のミスマッチなどは、全く考えておらず、仕事を斡旋してやった。
採用してやったという事実さえあれば、どうでもいいというお役所的な考えで行っていることが多いのです。
だからこそ、募集要項以上の詳しい情報をハローワークの職員も把握していないことが多いですし、逆に企業側も採用者の不利益になるようなブラックな部分をわざわざ公表するようなことはないのです。
誤解を恐れずにいえば、入社後に転職者がどうなろうと、お互いに知ったことじゃないというニュアンスで提供しているサービスになります。

さらにお役所体質の典型として、有効求人倍率の妙があります。
有効求人倍率とは、求職者1人あたりに対しての求人数のことをいいますが、ハローワークの場合、いかにもどの職業でも、仕事がありますよというデータを表示します。

これによって、仕事がすぐ見つかると錯覚した転職希望者が利用するわけですが、人気のある業界や業種も一緒くたにした数値であるため、実際に転職活動を行ってみると、人気職種ではライバルが多すぎて、採用されないどころか、面接にすらたどり着けないという現実があるのです。


ハローワークと転職エージェントの比較

ハロワと転職エージェントを比較

転職エージェントは24時間OK

一方で転職エージェントは、失業中の方はもちろん、現職向けのサービスが充実している環境です。
まず前述にある平日の勤務時間しかサービスを提供していないハローワークに対して、転職エージェントは、24時間対応をしてくれています。

面談などの場合には、24時間対応とはいきませんが、転職に関しての質問や、自身が希望する条件にマッチした転職求人情報などは、メールやサイト内でのやり取りになりますから、インターネットが繋がる環境であれば、いつでもどこでも利用することが可能です。

情報量に圧倒的な差が出る

そして何より、企業の情報を入職しなくても把握出来ることが、大きなメリットと言えるでしょう。
転職エージェントの場合、営業担当者やキャリアコンサルタントが直接足を運び、職場環境などを把握していることがほとんどです。

また、転職支援をした方も在職しているケースが多く、そこから生の情報をヒアリングしていますから、社内の雰囲気や人間関係までを把握していることが多い。
これは転職においてとても貴重な情報と言えるでしょう。

更に、自身の転職市場における価値を第三者の視点で冷静に分析でき、何が足りないのか、方向性をどうしたらいいのかも把握出来るのは、かなり大きなメリットになります。


転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントと面談


ハローワークは、フリーペーパーや販売されているバイト求人誌とさほど変わりません。
一方で転職エージェントは、人間関係などの細かい情報が把握でき、転職成功に必要な履歴書の作成や面接対策までをも行えるメリットがあります。

またハローワークの職員は、所詮は公務員という転職に関してはズブの素人であるのに対して、転職エージェントは、各業界、職種で実際に実務経験がある方がコンサルタントとして、在籍していることがほとんどです。

このことから、業界別、職種別のよくある悩みや、転職希望者が何を重要視しているかなど細かなニーズを把握していることが多く、転職先を絞り込む際のミスマッチが低いというメリットもあります。

一人でリサーチし、転職先を絞り込み、履歴書や職務経歴書を作成し、面接まで行うハローワークのサービスよりも、面談時にも同行してもらえ、業界経験のある知識豊富なコンサルタントが、自分の希望にマッチした転職先を見つけてくれる。
その上、履歴書の作成や面談対策まで行ってくれる転職エージェントの方がメリットは沢山にあると言えるでしょう。

相談が出来る相手がいるというのは、とにかく心強いものです。
たった一人で転職をしなくても良いという安心感は、何物にも変えられないスペシャルなメリットとはいえないでしょうか。


まとめ

このように公共機関というだけで、サービスの質は、劣悪な転職サイトよりも下と評価されているハローワークよりも、転職エージェントを利用した方が随分と得られるメリットは多いといえるでしょう。

近年の転職エージェントは、利用をするのも完全無料ですし、企業側の信頼も高いものです。
その証拠に新卒採用を転職エージェントを運営している企業に依頼しているところも多々あるという現状があります。

更にいえば、転職エージェントを挟むことによって、それぞれの企業が求める人材の篩がけの作業を代行してくれるため、採用コストが抑えられて楽なのです。

旧態然とし、公務員であることで、サービスを提供するといったことを忘れたハローワークを利用するよりも、企業と転職希望者の両方をwin-winの関係にさせるといった目的でサービスを提供している転職エージェントを利用する方が、転職成功率も高まるのは言うまでもありません。



あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧

2018年に転職するなら おすすめ業界・業種ベスト3

転職するには在職中?退職後?転職活動にはどっちが有利?

会社(仕事)を辞める時期(タイミング)はいつが良いのか?





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職エージェント。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
就職Shop

リクルートキャリアが運営する第二新卒・20代向けの転職エージェントです。
登録し求人を紹介してもらうと、書類選考なしで面接が確約!
20代向けの転職サービスなので、未経験OKの求人多数!
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
【保育士バンク】

保育士専門の転職サイト。
国内最大級の求人数を誇り、保育士専門のキャリアコンサルタントが在籍。
保育士バンク限定の非公開求人多数。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

2018年に転職するなら おすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか? と不安に感じている方も多いと

記事を読む

辞める前に準備するリスト

会社(仕事)を辞める前にする4つのこと

会社を辞める準備を進めていって、順調に転職先が見つかる人もいれば見つからない人もいます。

記事を読む

気の机

転職するには学歴がないと不利なのか?

学歴に自信がない人は、有利に転職することが出来ないのか? 自分の学歴に自信のない人は、

記事を読む

転職する時期

転職する時期(タイミング)は何月がおすすめなのか?

転職を考えた事はあるけれど、 どの時期に転職活動をすると有利に転職できるのか? という事

記事を読む

転職のきっかけを見つけた男

転職が成功するきっかけと失敗するきかっけ

世の中には、経歴もスキルもコミュニケーション能力も変わらないのに、転職に成功する人と失敗する

記事を読む

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑