*

転職するには在職中?退職後?転職活動にはどっちが有利?


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく






どちらか?天秤にかけている


転職を考え始めた時、仕事をしながら転職活動をするのか?

それとも退職してから転職活動をするのか?
どちらがいいのか迷う人も多いと思います。

今回はその辺のお話をしたいと思います。

実際にどちらが有利なのか?
採用されるかどうかだけで言うと、大差はありません。

転職活動する上でどちらが有利なのかといったら、私の経験上は間違いなく、在職中の転職活動の方が良かったですね。



求職者側から見たメリットとデメリット

忙しい転職希望者

転職活動というのは自分自身のこれまでの棚卸し、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成や面接等の準備、内定先決定後の事務的手続きなど、意外とすべきことが沢山あります。

在職中の転職活動は難しく、一度会社を退職した方が転職活動に集中できるため良いのではないかと考える方が大勢いらっしゃいます。

しかし、はたして本当にでしょうか?
まずはそれぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

退職後の転職活動のメリットとデメリット

退職しての転職活動だからこそのメリットもデメリットも存在します。
その両方を正確に把握して転職活動に活かす様にしましょう。

退職してからの転職活動のメリット

・活動時間が確保できる
・転職活動に集中できる

自分自身でハローワークに通い、求人雑誌などに応募して転職活動をするならば、退職してからの方が楽です。
理由は簡単です。

時間が必要になるからです。

まず、ハローワークなどは、土日休みのサラリーマンには実質利用すること自体が不可能です。

ならば、転職先を探す時間を捻出するためにも退職した方が楽です。

退職してからの転職活動のデメリット

・スムーズに転職が決まらなければ経済的に困る
・期間が長くなると転職そのものに不利になる

すんなりと転職が決まらなければ、経済的にも精神的にもかなり追い込まれてしまいます。

特に貯金などがなく、経済的に余裕のない人は退職してからの転職活動は危険です。

在職中の転職活動のメリットとデメリット

仕事をしながら転職活動をする事は、一見難しそうに思いますが、可能です。

転職サイトを利用すればいいんです。
転職サイトを使えば以下のメリットがあります。

・専用webサイトは24時間対応
・土日対応のコンサルタント
・応募先とのスケジュール調整をしてくれる

これで働きながらでも転職活動が可能になります。

在職中の転職活動のメリット

・次が決まってから辞めるので経済的に余裕がある
・職歴に間が開かない

在職中の方が本当に良い所へ転職するために、じっくりと活動することができます。

また、次の職場が決まってからの退職なので、スケジュールが立てやすくなります。

在職中の転職活動のデメリット

・面接の時間は捻出する必要がある
・転職先の勤務開始日が採用の際にネックになる可能性がある

書類選考はともかく、どうしても面接に出向く時間は必要になります。

土日に採用面接をしている企業は多くないので、面接の際は会社を休んだりと時間を捻出する必要があります。

また、面接の際に
「いつから出勤することが可能ですか?」
という質問をされた時に、
「在職中ですので、いついつまでお時間を頂けますでしょうか?」
と回答しなければいけません。

場合によっては、早く人材が欲しい企業側にとってネックなる可能性があります

採用する企業側から見たメリットとデメリット

企業の写真

在職中の転職活動者と離職中の転職活動者とを比べる場合、転職活動者の視点で見た場合のメリットデメリットももちろんあるのでしょうが、採用する企業側にとっても、メリットとデメリットはやはりあります。

退職済の求職者へのメリットとデメリット

企業からみれば、退職した後で無職の状態で応募してくる人が、全体の半分以上です。

転職希望者側と同様に、企業側からら見ても、それぞれにメリットとデメリットがあるので整理してみましょう。

退職済の求職者に対して企業側から見るメリット

・採用した場合、すぐに勤務可能と判断できる

これは在職中の転職希望者に対して、退職後の転職希望者が持つ
大きなアドバンテージになります。

実際には手続きなどがあるので、採用が決まってから一定期間後に勤務開始となりますが、「明日からでも働けます!」というのは非常に強いアピールとして採用担当者に残ります。

退職済の求職者に対して企業側から見るデメリット

・退職してからの期間が長いと、その期間の内容が不安

以前の職場を退職してから、半年や1年などの期間が経過している人にはどうしても不安が付きまといます。

面接時の質問で聞いた時の回答が

「転職活動をしていました」

という場合でも、

この応募者はどんな条件の企業を探していたのだろう?
と言った感じでかなり不安になってしまいます。

在職中の求職者へのメリットとデメリット

退職後の人と違って、現在も別の会社で働いている人に対して、企業側はどんなメリットやデメリットを感じているのでしょうか?

在職中の求職者に対して企業側から見るメリット

・目的意識をハッキリと持っている
・仕事に対する責任感がある

在職中で仕事をしながら転職活動をしている人は、仕事を投げ出すということをしなていない証拠です。

そういった意味で仕事に関する責任感を感じます。

さらに、これは私が面接をしていた頃に感じたことなのですが、転職に対する目的をハッキリと持っている人が多いという印象があります。

業務そのものや、キャリアアップ・年収アップなど目的がハッキリとしている応募者は採用しやすい傾向にあります。

※業務を任せられるスキルやキャリアがあることが前提ですが

在職中の求職者に対して企業側から見るデメリット

・採用した際に入社日まで時間がかかる

企業側が在職中の転職活動者を採用する場合、すぐに会社を退職して採用企業へと入社することは、望めません。

引き継ぎや事務処理上どうしても時間がかかってしまうので、入社は早くても1ヶ月~3ヶ月程度時間を見なくてはならないでしょう

そんな場合、すぐにでも即戦力が必要と考える企業にとっては、デメリットとも言ええます。

まとめ

在職中であろうが、退職後であろうがどちらかに一歩的に有利という事はありません。

本当に一長一短です。

敢えて言うなら、採用に関しては退職後間もない期間であれば、若干有利かもしれません。

しかし、いつ終わるか分からない転職活動を 退職後に始めるのはかなり危険です。

相当の貯金がある人は別ですが、そうでなければ経済的に困窮してしまう可能性があります。

経済的に困窮してしまえば、どうしても焦ってしまいます。
目的の転職先に採用される前に妥協してしまう可能性が大きくなります

そうなってしまうと、転職後にまた職場に対する不満が出てきてしまいます。
それもかなり早いタイミングで。

そうなってしまわないためにも管理人は、在職中の転職活動をオススメします。

在職中に転職活動をすれば、生活には問題ありませんので、少なくても転職先に妥協してしまう事はありません。

転職先を妥協せずにじっくり選ぶというのは、
転職を成功させる為の大きな要因と言えます。



あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧

2018年に転職するなら おすすめ業界・業種ベスト3

転職する時期(タイミング)は何月がおすすめなのか?





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職エージェント。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
就職Shop

リクルートキャリアが運営する第二新卒・20代向けの転職エージェントです。
登録し求人を紹介してもらうと、書類選考なしで面接が確約!
20代向けの転職サービスなので、未経験OKの求人多数!
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
【保育士バンク】

保育士専門の転職サイト。
国内最大級の求人数を誇り、保育士専門のキャリアコンサルタントが在籍。
保育士バンク限定の非公開求人多数。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

初めての転職

初めての転職のやり方!7つ手順を公開-転職エージェント登録編-

転職を決意しても、転職経験のない人はどうしていいのか分かりません。 それが当たり前です。

記事を読む

工場

工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入の必要な人、特別な技能や知識を

記事を読む

手順を整理する

初めての転職のやり方!7つ手順を公開-履歴書-職経歴書・面接編-

今日は転職の際に踏んで頂きたい7つの手順の後半をご紹介します。 5

記事を読む

嫁に転職を反対されて怒られる

嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われています。 しかし、これ

記事を読む

転職で解決する5つ悩みと転職中の悩みの解決方法

転職には興味があるんだけれど、踏み出せずに迷っているという声をよく聞きます。 そこで、

記事を読む

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑