*

転職理由を面接で聞かれた時の回答例5選


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




面接で転職理由を聞かれる

転職活動中の面接で最も回答に困るのが、「転職理由」です。

本音で素直に回答しにくい転職理由も多くあると思います。
しかし、建前ばかりで回答をしても嘘臭く聞こえてしまうケースもあります。

今回はケース別に実際にどういった風に回答すればいいのかをご紹介したいと思います。



転職理由の本音と建前



建前で鼻をかく

嘘の転職理由は後に首を絞める

転職理由は面接にて必ず聞かれる質問の1つです。
採用する側としては
「なぜ今の仕事を辞めてまでうちで働きたいのか」
と思うことは当然のことなので、一番時間をかけて回答を考えるべき質問ともいえます。

しかし現在の(または以前の)仕事を辞めるとなると、ネガティブな理由になりがち。

実際、転職を希望する理由の多くは
「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」
「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」という人間関係や、
「労働環境・時間が不満だった」「給与が低かった」などのような
労働条件など、職場環境によるものが多いという調査結果もあります。

本音はネガティブな理由だからといって、それを隠すために
面接で口先だけの建前を述べても面接官には伝わりません。

「人の役に立つ仕事がしたい」「御社の理念に共感して」
などのような、マニュアルにありがちな内容だけを述べてもすぐに見破られてしまいます。

また、転職理由にウソは厳禁です。
トラブルの原因になりかねません。

ネガティブな理由を隠すために事実を誇張したり都合の悪い事実を伏せていると、下手をすれば経歴詐称として訴えられたり懲戒処分の対象になる恐れもあります。

特に中途採用の場合は在籍確認や勤務状況・退職理由の確認のために過去の企業に問い合わせることもあるので、ウソをついても後々バレてしまいます。


転職理由の伝え方のポイント

転職理由を伝える時のポイントは、前向きな話をすること
受け身や批判的な言葉を使わないことです。

転職理由の多くはネガティブな内容になりがちだからこそ、面接官に好印象にとらえてもらうには事前の準備をしっかり行っておくことが重要になります。

1人で考えているとどうしても自分都合の内容になりがちであるため、過去に転職経験のある友人や転職のプロであるエージェントの担当者など、周囲に意見を求めてみるとより洗練された内容になるでしょう。


転職理由、本音はOK?NG?



本音はOK?NG?

本音を言ってもOK!

結論からいうと、本音を伝えるのはOKです。
特に本音で思っていないことを伝えようとすると、本人が思っている以上に不自然な話し方になりがちです。

本音でないことを話そうとすると言い淀んでしまったり、必要以上に力説してしまう応募者が多くいますが、
プロである面接官にはすぐ見破られてしまいます。

ただし、本音で伝えるべきと言っても、言い回しには気をつけましょう。

いくら本音だからといって、仕事に対する不満ばかりを述べていては、
面接官としては「うちの会社にきても同じことを言うのではないか」と悪印象に捉えられてしまいます。

特に退職理由がネガティブな場合、
「どういう点が」「どういう風に」
自分と合わなかったのか、整理してみましょう。

関連記事
・仕事を辞めたい理由 ベスト5はこちら



例えば、上司との人間関係が理由である場合は、

「若く勢いのあるリーダーと一緒に新しい事業にチャレンジしたい」

のような言い回しであったり、職場環境が理由の場合は

「これまでの経験で培った◯◯という能力を新しい環境でさらに伸ばしていきたい」

などのように、前向きな内容に言い換えることがポイントです。

伝え方は具体的に伝える

そして具体的に伝えることを心がけましょう。
転職を希望する以上、あなたが現状を変えたいということは面接官も理解しています。

しかしその理由が曖昧であると面接官にも伝わりにくく、印象に残りづらいです。

また転職理由が具体的になると、たとえ内容がネガティブなものであっても前向きな内容に置き換えやすくなります。

転職することによって、あなたがこれから仕事で何を実現したいかを軸に、具体的に話すことを意識しましょう。


転職理由の例 5選



転職理由の例 5選


実際にどのような転職理由が良いか、具体例を5つ紹介します。

1.キャリアアップしたい

「前職では社内SEとして勤務していました。
しかし実際の業務内容はヘルプデスク的な要素が強く、自ら設計を考え構築するという経験がなかなかできずエンジニアとしてスキルアップが難しい環境でした。
御社のような技術力が高く、新しいことに積極的に取り組む環境にて、自分自身のエンジニアとしての技術力を高めたいと考えています。」

→前職までのキャリアの延長で専門知識・技術を高めたいという場合、なぜ前職ではそれが実現できなかったのか、これからのキャリアをどうしていきたいか、具体的に伝えるようにしましょう。

2.キャリアチェンジしたい

「これまで5年間、化粧品メーカーにて営業を担当してきましたが、そこで感じたのは営業だけではお客様のニーズに応えられていないということでした。
営業活動を通してお客様の生の声を直接聞くことが多くありましたが、そういったニーズをベースにした商品企画に携わりたいという思いが強くなり、転職しようと決断しました。」

→前職までとは違う仕事をしてみたい、つまり未経験職種への応募の場合、なぜその仕事を希望するかと、これまでの経験がどのように活かせるか明確に伝えましょう。

ただし、年齢が上がれば上がるほど未経験職種への応募はハードルが高くなります。
場合によってはこれまでのキャリアを捨てることにもなるので、それでも転職したいという覚悟が伝えられると良いでしょう。

3.残業・休日出勤が多い

「これまで3名体制でのチームにて、広告の入稿管理業務に携わってきました。
しかし10名以上いる営業からの依頼は3名で対応しきれるような業務量ではなく、残業や休日出勤が続く状況でした。
そこで上司に業務フローの改善を提案しましたが、受け入れてもらえず、より効率よく働くことで成果をあげられるような環境に身をおきたいと考え、転職を希望しました。」

→残業や休日出勤の多さが理由の場合、面接官にネガティブな印象に捉えられがちです。

時間をかけるのではなく効率よく成果をあげたいなど、ポジティブな姿勢を示す言い方にしましょう。

4.会社の将来性が不安

「前職の専門出版社では、ひとつの専門書籍の改訂をメインとしており、経営方針として事業拡大はまったく考えられていませんでした。
新しい書籍をつくる提案もしましたが社長の方針は変わらず、業界自体が縮小していくなか会社としての将来性に疑問を感じ転職を決意しました。
これまでの専門分野で培った知識や編集経験を活かしながら、今後は読者のニーズに合った企画をしていきたいと考えております。」

→会社の将来性に疑問を感じた場合、それ自体を伝えることは問題はありません。

ただし、それだけでは「不安を感じたらすぐ辞めてしまうのでは」と思われてしまうので、アクションを起こしたけど改善されなかったというエピソードを交えると良いでしょう。

5.給料を上げたい

「前職では完全な年功序列制であったため、いくら成果を上げても評価は一律で、業務に対するモチベーションを維持するのに苦労しました。
私は年齢ではなく実力に応じて評価され、責任のあるポジションを任せてもらえる環境に身を置き、成長したいと考えております。
御社の評価制度は年次に関係なく実績に応じて評価されると伺いましたので、モチベーション高く仕事に取り組めるという意味で大変魅力を感じております。」

→給料を上げたいという本音は誰もが持っていますが、それをストレートに表現することは避けましょう。
あくまで仕事に対する意欲を伝えることが第一です。

まとめ



転職理由には「前職の退職理由」「応募先企業の志望理由」の2つの要素が含まれます。

この前提となるのは、あなたが仕事に何を求めているかということです。

あなたが仕事で求めるものを前職では満たされなかったからと伝えると、ネガティブな印象になりがちですが、それを求めるために転職したいと伝えるだけでポジティブな印象になります。

ただし自分の希望だけを述べていても、それが相手に受け入れてもらえるとは限りません。
企業が中途採用を募集するのは、人員不足など業績をあげるための課題を解決したいからです。

転職することによって実現したいことが相手の企業にとって有益だと思われるためにも、転職エージェントなど専門の人に意見を聞いてみると良いでしょう。



あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧

転職の面接対策たった3つでOK!





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

転職の面接

転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との面接ではないでしょうか?

記事を読む

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑