*

転職エージェント リクルートエージェントの評判と体験談


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく






リクルートエージェント体験談

転職サイトと言えば、もっとも有名なのが、リクルートエージェント。

業界再大手と言われ、圧倒的な求人数を誇るのが、【リクルートエージェント】です。

リクルートエージェントを実際に利用して、転職に成功した人を取材したので、体験談を参考にしてください。



リクルートエージェントを利用しようとしたキッカケ・転職の動機

転職サイトの利用を始める前まで、クラウドサービスなどのWebサーバ構築のシステムエンジニアの会社にいたのですが、私は未経験でその会社に入社しアルバイトから始まりました。

必要な知識を習得して、必要な資格も取得できた時点で正社員という契約だったのですが提示された資格を取得できてもアルバイトのままで、そうかと思えば退社は毎日終電ギリギリ、土曜日も出勤で残業代はなし。

時給は1500円と割と良い方でしたが、残業代は出ないし、とにかく毎日働く時間が長く大変でした

やっていることはほとんど正社員と変わらないのにもかかわらず、待遇が一向に変わらないので退職を決意して、転職活動を始めました。

リクルートエージェントを利用した理由は、過去に2度の転職経験があるのですが、その2回とも自力で求人を探して応募して入社しました。

しかし、入社してから条件面で曖昧な事が多が多かったので、エージェントを使った転職サイトを利用しようと考えました。

他にもエージェントのサポートを受けられる転職サイトはありましたが、最大手であるリクルートエージェントを選びました。


リクルートエージェント利用の流れ

リクルートエージェントのサイト登録

サイト登録項目
・転職希望時期
・希望勤務地
・現在の職種
・現在の年収
・メールアドレス
・入力再開キー
・転職情報メールの受信設定
・リクナビNEXTへの同時登録設定

まず、上記の項目を登録して、次に進んで行くと、

・氏名
・性別
・生年月日
・住所
・電話番号
・最終学歴

を入力して次に進みます。

・経験社数
・現在の就労状況
・業種
・現在または直前の勤務先
・雇用形態
・在籍期間
・英語力
・海外赴任経験
・語学力、資格、学歴等

を入力して次に進みます。

・職務経歴 300~500文字目安 2000文字以内
・伝えておきたいこと 150文字以内
・当サイトにアクセスしたキッカケ

以上が登録項目になります。
登録から4日後にエージェントからメールがあり、登録面談のスケジュールを調整してもらいました。

履歴書などの書類作成や定期面談の予約、担当者との連絡やりとりはすべて一括してサイト上でおこなうシステムとなっていました。

リクルートエージェントの独自コンソールで一括管理されているので、こちらで何か手間のかかる作業が発生するということはなく、システムとしてはとても使いやすいものでした。

また、求人情報も検索できる仕組みとなっており、その中で気に入った求人があればすぐに応募もできるようになっており、すぐに担当者経由で応募したい会社とのやりとりも始まります。

1点、使いにくかった点があるとすれば、会社に応募した際の状況連絡と、何か質問などがあって連絡した際のレスポンスの遅さです。

サイト上で全てをおこなっているので仕方ないとは思いますが、連絡等に関してはあまり早くはなかったです。

また、担当者がいないと別の方から連絡がくるのですが、そうなるとサイト上のシステムからではなく、登録してあるメールアドレスにメールが来ることもあるのでサイト上から連絡がくると思っているとなかなか気づかない時もありました。


リクルートエージェントのエージェントと面談

面談日時が決まって実際に面談をする前に、担当者と1度、電話で連絡は取りました。

それから実際にリクルートエージェントの本社に行って、担当者と面談をしました。
高層ビルの1フロア全体がリクルートエージェントのスペースとなっており、受付以外はすべて個室となっていました。

その個室で面談をするかたちで、ゆっくりと落ち着いて話をすることができました。
飲み物も出ます。

面談時は主に、学歴や今までの経歴、取得している資格や希望する職種や勤務条件など詳細な部分まで話をします。

また、その面談の段階で当てはまる求人があれば、その日に紙媒体で求人ももらえます

加えて、職務経歴書などの書類の添削も、希望があればその場でしてくれるので、サイト上で何度もやり取りをするより1度にまとめて見てもらえるという点では助かりました。

また、求人の数も豊富で多くの求人情報を見ることもできます。
特に急いで面談を終わらせようとはせず、聞く姿勢できちんと話を聞いてもらうことができます。


求人を紹介してもらう

リクルートエージェントの利用を終了するまでに、約100件弱の求人情報は提供されたと思います。

ネット上に掲載されるよくある求人サイトと違い、その会社の企業理念や社風、実際に働いている方の声など、細かい情報をまとめた資料で用意されています。

そのため、1つの会社につき必ず3ページの資料というとても詳細なものになっています。

しかも、リクルートエージェントが実際に必ず訪問をし、リクルートエージェント独自の基準を満たした厳選された会社のみ求人資料となるので求人の質としてはかなり良いです。

また、求人のほとんどが何千人単位の、規模としてはかなり大きい会社ばかりとなっています。

通常の求人と違った詳細な情報があってなおかつ、応募に至るまでも何か気になる点があれば何度でも質問できるので、しっかりと納得したかたちでその会社に応募できるという点では、とても紹介求人に関しては良いものだったのではないかと思います。


希望した条件

転職に際しては再度、システムエンジニア職を希望していましたが、転職活動前に勤めていた会社では契約条件があいまい、未経験OKで入社したのにも関わらず、未経験者へのサポートがかなり不十分。

残業関連等、かなり問題があったのでエージェントから希望を聞かれた際は、未経験者への研修体制が整っていること。
最初から正社員採用で条件も整っていることという要求をしました。
また可能であればというかたちで寮がある会社という希望も出していました。

寮がある会社というのは、地方から上京している人が優先ということで不可でしたが、充実した研修サポートという点と、働くうえでの条件等は時間をかけてエージェントとも話し合い、整った条件で進めることができました。

さらに、3000人規模の会社を優先的に紹介してほしいという希望を挙げました。


紹介された求人

求人数については豊富でしたが、私の場合、3000人単位の規模の会社を目指していたので、そのように的を絞ると送られてくる求人数は1週間に3件~4件あれば良い方でした。

ただ、上場企業求人が多かったので要望としては通っていたかと思います。

応募から面接、内定まで

応募前の書類作成からエージェントの方にはサポートしてもらいました。

サイトシステム上で履歴書と職務経歴書を作成しました。

普通でもそうかもしれませんが、リクルートエージェントでも会社への志望動機がかなり重要視されました。
そのため、志望動機に関する修正が主でした。

やはり転職ということで前の会社を辞めた理由を明確にしつつ、今回志望する会社への志望動機を前向きに記載するように指導されました。

もう1点は、資格に関してです。
記載できる資格は多いことにこしたことはないと言われましたが、既に保有している資格だけでなく、現在、取得しようとしているもしくは、取得のために勉強している資格もアピールすることも重要というように言われました。
特に志望する会社に関係にある資格ならなおさらです。

私の場合、応募していた求人は全てシステムエンジニアの求人で数も多く、どうしてもどの会社に対しても志望動機を同じようなかたちにしてしまいがちでした。

しかしそうではなく、各会社のホームページを詳細な部分までしっかりと見て会社の特徴や自分が感じた良さを志望動機に上手く練りこむように修正を促されました。

リクルートエージェントでは、希望をすれば志望会社での面接の前に模擬面接をしてもらうことが可能です。

部屋への出入りから挨拶、座り方まで本格的な模擬面接をしてもらうことができます。
そして、何よりリクルートエージェントでは我々、転職者に紹介をする企業と密につながっているため、この会社ではこういったことをアピールした方が効果的や、こういった話題で話を進めた方が良いなど具体的で役に立つアドバイスをくれます。

それによって、自信を持って面接に臨むことができます。

面接後もリクルートエージェントの方がその会社に出向き、今回の採用可否について話をします。

もしダメだった場合でも、どのような点がダメだったのかを、かいつまんで教えてもらえるので次の面接にも活かすことができます。

面接後、その会社が不採用だった場合のフィードバックで多かった点としては私の場合、退職した会社が自分が主な原因ではなく会社側の問題であることが多かったのでどうしてもそこばかり押してしまいがちでした。

転職において、退職理由も非常に重要なので理由を話すことも大事ですが、会社側の問題ばかり押すのではなく、できる限り自分の改善点、そして今後はどのように改善点に気を付けて新しい会社で働いていくかを前向きに伝えることが大切だとフィードバックをされていました

最終的には、4社目で内定を頂く事ができました。
リクルートエージェントに登録してから内定をもらうまでの期間は3ヶ月弱の期間でした。

エージェントしてもらった条件交渉

転職活動をする前の会社では残業もほぼ毎日で残業代も出ず、ボーナスもありませんでした。

システムエンジニア職は体力仕事な部分もあるので、ボーナスは多少欲しいと考え、残業をするのは良いのですが、毎日、終電ギリギリというのと土曜日出勤は少し厳しいのでその点を重点的に交渉してもらいました。

なお、実際に転職をした後も、条件があいまいになることはありませんでした。
ボーナスも年に2回きちんと支給され、残業も決められた時間以内でとされており休日出勤もありませんでした。


リクルートエージェントのエージェントについて

登録当初は、とてもエージェント経験の豊富な親切な方という印象でした。

リクルートエージェントでは、自分が希望する職種によって担当者が変わります

建築関係に転職したければ建築関係の知識に特化したエージェント。
デザイン関係ならデザイン関係特化のエージェント。
システムエンジニア関係なら・・・
というように最初から振り分けが決まっています。

私はシステムエンジニア職希望だったので、システムエンジニア系特化のエージェントでした。

やはり、各業界に精通しているエージェントだけあって、その道の知識も豊富でシステムエンジニアにおける転職体験談やシステムエンジニア会社の実情など、さまざまな情報を提供してくれます。

しかし、同時に私はシステムエンジニア職の他、学生時代からの希望であった建築設計系の求人も探していました。

しかし1度つの職種で登録をしてしまうと、その他の業種は別に専門担当エージェントがいるという理由で求人情報は提供してくれません。
その点は柔軟に希望する職種の求人は見せて欲しいとは思いました。


リクルートエージェントで転職した結果

業界・業種の変化
転職前:IT関連会社・システムエンジニア
転職後:IT関連会社・システムエンジニア

年収の変化
転職前:360万円(時給1500円)
転職後:400万円

雇用形態の変化
転職前:アルバイト
転職後:正社員

労働時間の変化
転職前:月250時間前後
転職後:月170時間前後

リクルートエージェントを利用して転職してみた感想

私はこのリクルートエージェントでの転職の前にも2回、転職しています。

1度目はハローワーク、2度目はインターネット上の求人サイトでしたが、望ましい結果にはなりませんでした。

今までは転職に関して誰にも相談せず、自分で全てやろうと思い活動していましたがこれではだめだと思い、時間がかかっても良いからリクルートエージェントのような転職サポート専門の会社にて1から相談しながら、一生働ける職場への転職を目指そうと考えました

通常のネット上などでの求人サイトでは掲載されている限られた情報で希望会社を決めなければなりません。

また、ハローワークにおいても確かに専門のカウンセラーは個人、個人に付いてくれますがあくまで簡易的な相談事項しか話をしてくれず、希望する会社に関しても詳細には教えてくれないので、ぼんやりした状態で決めなければなりません。
また1度、話を進めてしまうと断りにくいというのもあります。

それに比べてリクルートエージェントは、ぼんやりした情報になってしまうことは一切、ありません。

自分で納得がいかず懸念事項があれば、担当エージェントに聞けば良いし、懸念事項が消えたとしても、あまり自分には合わないと感じればすぐにやめられます。

転職活動というと、どうしても1人でやってしまいがちです。
親にも友人にもなかなか相談しづらいです。
しかし、転職活動は1人で続けているとどんどん先が見えなくなります

やはり、こういった転職エージェントのサポートを上手く利用して転職を成功させることがとても大切だと実感しました。

特に以下の3点が、私が今回の転職で成功したと思える点です。

・正社員になれた事
・年収がアップした事
・労働時間がかなり減った事

また、転職をする前に勤めていた会社でも、確かに資格は取得できましたが、会社から指定された資格しか取ることはできませんでした。

というより、指定された資格以外のものに関しては会社での仕事が忙しすぎて勉強時間も取れませんでした。

しかし、転職してからはさまざまな資格に興味を持つ余裕もでき、学習の時間もしっかりとれて会社もそれをサポートしてくれるので仕事も充実していました。

今回の転職はリクルートエージェントを利用した事により、過去2度の転職と違って納得のいく転職が出来ました。








あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

転職エージェントDODA(デューダ)の評判と体験談

転職サイトでも大手のデューダ。 DODA(デューダ)のエージェントを利用して転職に成功

記事を読む

転職サイト リクナビNEXTの評判と体験談

転職サイトと言えば、真っ先に思い浮かぶのがリクナビNEXT 転職サイト、最大手と言

記事を読む

転職エージェント ワークポートの評判・体験談

IT・WEB業界専門の転職サイト ワークポート。 現在はIT業界以外の総合的な転

記事を読む

ギークリー体験談

ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職を専門で行っている、ギ

記事を読む

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を持つファルマスタッフ。

記事を読む

転職におすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか?

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

→もっと見る

PAGE TOP ↑