*

仕事を辞めて後悔しない為の転職術


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




027


転職は人生の転機です。
そこにおいて

「こんなはずじゃなかった・・・」

という後悔は絶対に避けたいものです。

そこで、転職経験者の失敗談をヒントに、後悔しないための転職術をお教えします。



転職前の情報不足は致命的

やりたい仕事と違った

転職して後悔する事例の中で最も多いのが、「自分のやりたいこと」と「転職後の仕事」の食い違いです。

社会に役立つ仕事がしたい、など理想に燃えて転職するも、実際の仕事が単なるルーティンワークだったら、「こんなはずじゃなかった」と後悔せざるを得ません。

このようなケースは往々にして、自己分析をおろそかにすることで生じます。

そもそも自分が何をしたいのか、はっきりと答えられる人は転職ミスマッチによる後悔には陥りません。

何がやりたいことかはわからないけれど、現在の職業では満足が得られない、そんな人がこのような事態に陥りやすいのです。

このような場合は、自分のやりたいこと、よりも「ここだけは譲れない条件」など、やりたくない事を中心に自己分析をし、転職を考えましょう。

こんな勤務(労働)条件だった?

転職後の後悔で、次いで多いのが面接時の勤務条件と実際の相違です。

求人や面接においては、スキルや職歴に応じて個別具体的な数字を提示するのは不可能です。

そのため数字に幅を持たせており、当然いい印象を与えるため、上限の数字を強調します。

自分が上限の条件に当てはまると勘違いすると、転職後、「面接の時と話が違う」と後悔することになります。

このケースは労働条件通知書を確認しないことによって生じます。

労働条件通知書を確認し、面接時の条件との相違があれば、希望転職先に確認し、提示された条件に変更が無く、それが受け入れられない場合は入社を辞退すべきでしょう。

その点、エージェントが付く転職サイトを利用する場合は、間にエージェントが入って条件面の交渉をまとめてくれる為、この様な事態に陥りにくいと言えます。

もっとやれるはずだったのに

転職先で活躍し、どんどんキャリアアップするぞ。
そう意気込んで転職したのに、実際には活躍できず、キャリアアップも夢のまた夢。

このようなケースもしばしば見受けられます。

このケースは、自身のスキルと転職先において必要とされるスキルとの間にミスマッチがあることに原因があります。

業界や仕事内容などの研究を行うことで、自身のスキルが活かせるかどうかを判断するべきです。

また面接時において、自身のスキルがどう活かせるか、体験談を交えて質問するといいでしょう。

こちらも転職エージェントを利用することで回避出来る可能性が高いです。
自らのスキル・職歴の棚卸しをキャリアコンサルタントが手伝ってくれます。

これで自らの勘違いや、業務スキルの棚卸し漏れが減り、求める職場と自らの能力のズレを修正する事が出来ます。

転職先の会社の雰囲気が最悪

小さな企業に転職した場合、ワンマンな経営体質であることは往々にしてあります。

つまり社長の一声で、白も黒も白に変わるのです。

このような会社の場合、社長自らが面接をするケースが多く、面接時に自分と社長とのマッチングを見極める必要があります。

「希望の職種だから」「条件がいいから」などと妥協しても継続して就労できなくては意味がありません。

この社長の元で3年働けるのかをしっかりと考えましょう。
これは自ら職場を探す転職ではありがちな落とし穴です。

転職のプロの手を借りるとこの可能性も回避する事が可能です。

具体的には中堅規模の業界専門転職サイトの利用です。

以前、転職エージェントの登録はどこにしたらいいのか?でご説明した様に、特定の業界に特化した転職エージェントサービスは業界全体や、社内の内情・実務などに非常に詳しいのです。

問題のある社長や経営陣の場合、必ずその情報を持っているので、相談してみることで確認する事が可能です。

以上4つが代表的な転職後に後悔してしまう失敗例です。

では、こうならないようにするには実際にどうすればいいのか?

転職する際に重要なポイントとは?

まずは自己分析を

何はともあれ、自分自身のスキル、条件を明確にしなくては、自分の望む転職は不可能です。

自己分析をしっかり行うことが、転職における後悔をなくす一番の手だてです。

なお、自己分析はキャリアカンセラーなどに外注すると、自分では見つけられない自分の強み、弱みが明らかになります。

またカウンセラーとの会話のなかで、自分の重視している条件も具体的になっていきます。

その意味では、エージェントを利用した非常に転職は有利です。

無料で自らのスキルや職歴、条件などを第三者の目から客観的に指摘を受けられ、しっかりと確認する事が可能です。

業界・仕事内容の研究はしっかりと

自己分析に続き、その分析結果と転職先がマッチングするかを見極めるには、転職先の分析が必要不可欠です。

そこで働く社員に話を聞いたり、似た業種の人から話を聞くなど、しっかりと情報を集め、転職先の具体的イメージをしっかりと持ちましょう。

しかし、情報を収集するにしても限界があります。
その際に便利なのが転職サイトです。

転職サイトを運営する転職サービスは、相手企業の業務内容を正確に把握していないなんて事はあり得ません。

実際に転職サービスを利用して転職をしなくても、情報を集めるだけでも大いに利用価値があります。

そこで3年働けるのか考える

「石の上にも3年」とあるように、3年がキャリアの一区切りです。

転職しようとした際に3年未満の職歴はプラス要因のキャリアとしてみなされにくいのが現状です。

そこで、転職する際にはこの会社で3年働けるのか、会社の雰囲気、条件などから具体的にイメージしましょう。

その為には条件面はもちろん、業務内容や福利厚生、可能な限りの社内情報など手元に集められるだけの情報を集めて、自らが精査しイメージする事が必要です。

労働条件通知書を確認する

内定承諾後に入社辞退をしたとしても、それはキャリアにはみなされません。

しかし、入社後1ヶ月で退社となると、キャリアとみなされ、職を転々としている、という悪い印象与えかねません。

そこで、労働条件通知書をしっかり確認し、入社後に条件面でもめることが無いようにしましょう。

しかし、実際には求職者と採用する側の会社には明らかな立場の差があります。

上にも書きましたが、転職エージェントを利用することで、条件面で代理交渉をしてくれます。
また、それだけでなく労働契約の不明な点の確認をプロに相談する事が出来るのも大きなメリットと言えます。




以上の4つのポイントをチェックして、「後悔しない転職」を実現しましょう。





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

転職で解決する5つ悩みと転職中の悩みの解決方法

転職には興味があるんだけれど、踏み出せずに迷っているという声をよく聞きます。 そこで、

記事を読む

転職を成功させたい女性

転職市場 女性の30代でも転職を成功させる秘訣

30代以降の転職は厳しいと、世間一般では捉えられていますが、さらにその中でも女性の転職は厳し

記事を読む

ポイントを示すOL

転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思ってしまう方は多いのではないでし

記事を読む

転職に成功して喜ぶサラリーマン

転職の成功率を上げる3つの方法

転職活動をしても、面接を受けてはお祈りメールばかりで、自身の存在価値を疑ってしまったり、転職

記事を読む

数字

転職回数は平均何回?転職回数が多いと不利?

転職回数は、その数が多いほどに、堪え性がないだとか、飽きっぽいというイメージを抱かれるため、

記事を読む

転職におすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか?

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

→もっと見る

PAGE TOP ↑