*

転職する時期(タイミング)は何月がおすすめなのか?


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




転職する時期


転職を考えた事はあるけれど、
どの時期に転職活動をすると有利に転職できるのか?
という事が気になる人は多いと思います。

今日は転職する時期はいつがいいのか?
何月に転職するのがおすすめなのか?
についてお話します。



年度が替わりが一般的?



辞表を出す時期


一般的に、中途採用は2月から3月の年度が替わるタイミングに求人は多くなる傾向があります。


企業にとっても都合の良い年度替わり

その理由は、年度が替わるタイミングでは、1年または半期毎の事業計画が完了する等で
区切りがよく退職者が増える傾向にあり、それによって不足した人員を補充しなければならないと、人事担当が考える傾向にあるからです。

その他にも業績が伸びている会社であれば、新年度における事業拡大や新規事業の開始等によって外部から新たな人材を確保するといったケース等もあります。


注意が必要な求人もある

このように見てみると、年度が替わるタイミングでは採用する側・される側双方にとってメリットがあるように思えますが、求人が増えるからこそ慎重にならなければいけない部分もあります。

この時期に増えている求人の中には、採用目標を達成できなかったため急いで人員を追加募集している等のケースもあり、必ずしも魅力的な求人であるとは限らないからです。

キャリアアップのために転職したつもりが、新卒入社と変わらない扱いを受けてしまう。

転職先の会社が人員不足で過酷な労働環境になってしまうといったことがないよう、会社や求人情報をしっかり把握したうえで応募することが重要となります。

採用計画に沿って着実に採用活動を進めている会社であれば、前倒しで募集をかけているケースも多くありますが、こういった優良企業を1人で見極めようとするのはなかなか難しいのが現実。

さらにこのような優良企業は限られたルートで、優秀な人材を確保しようとすることもあるため、できることなら転職エージェントのプロの担当者と相談し、正確な情報を得ながら転職活動を進めていくことが良いでしょう。


求人数と応募者数のバランスで決まる



業界別資料

求人数が多いのは何月?

まず、転職する際に注意して頂きたい事は、あなたがどんなに優れた人材でも、企業が求人を出していなければ転職は成立しないという事です。

求人は通年で出ている訳ではありません。
それぞれの企業がそれぞれの事情によって、それぞれのタイミングで出しています。

しかし、何千、何万と存在する求人情報にも確実に傾向があります。

今回はその傾向を求人数に絞って紹介します。

まず、時期として求人数が多くなる時期が2回あります。
それは

・7月~10月

・1月~3月

この2つの時期は確実に求人数が多いです。

人事経験者なら、誰もが知っています。
採用する企業サイドから見ると、求人数が多い=ライバルが多いという状況になります。
※転職希望者はその逆です

その中でも、最も求人数が多くなるのは10月です。
次に多いのが2月です。

まず、10月に求人数が多くなるのは、上半期を終えて結果を見た上で、人材を補強したいと考える企業が多いからです。

次に2月ですが、これは来期(4月)以降の人材を求める企業が多いので、必然的に1月~2月は求人が多く、2月がピークとなります。

次に転職を希望する応募者を見て行きましょう。

応募者(転職希望者)が多い月

こちらも求人同様、かなりハッキリした傾向が出ています。

最も転職希望者が多いのは、2月
次いで、10月、6月、9月、1月

9月、10月の転職希望者は1月入社を狙っている人達です。
また1月、2月の転職希望者は4月入社を狙っている人達です。

非常に単純ですが、この傾向は長年続いているので、今後も大きく変わる事はないと思います。

また、6月の転職希望者と1月の転職希望者には、もう1つの特徴があります。

それは、ボーナスをもらって辞めて行く人達か、ボーナスが出ない・またはボーナスに大きな不満があって転職活動を開始した人達です。


最も転職希望者が有利な月は?

上に書いた、求人の数と転職希望者の数。
この2つのタイミングを単純に見てみると、求人数が多いのにライバルとなる転職希望者が少ない月は8月です。

ただ、ここで勘違いして欲しくないのは、あくまでも需要と供給のバランスから、確率的に良いという事なので、必ず希望の求人に出会えるか、またその求人に採用させるかは別です。
あくまでも確率のお話です。

さらに、穴場と言える月は5月と12月です。

5月は4月入社に人間がすぐに辞めてしまって、その欠員を募集している事が多いです。
意外と、4月退職者は多いので、ここは狙い目に月と言えます。

また12月ですが、採用担当者の目線で見ると、とにかく応募者が少ない月なんです。
これは8月にも言えますが、12月や8月はイベント事が多く、長期休暇も絡んでくるので、転職活動よりプライベートな時間を優先する人が多いのです。

そういった意味では、8月と12月は狙い目の月と言えます。


時期によって採用内容は変化する



転職用資料

基本は4月入社

求人が出るという事は、企業に人材が不足しているという事が前提です。

通常、企業は年間を通した計画を立てています。
事業計画や採用に関する事は予め決められ、原則、新年度の4月を基準を考えられます

ただ、計画時になかった事業や急な欠員が発生した場合には、時期を問わず企業は求人を出す事になります。

この原則を考えてみると、時期によって採用したい人間に変化が生まれる事が予想できます。

例えば、1月入社を考える場合には9月や10月の時期に求人が出る訳ですが、こういった場合は、同業同種で即戦力として見込める人材を企業が求めている事が予想されます。
これは新年度である4月入社を考える場合も、似たケースが考えられると思います。

この時期は求人数、転職希望者数共に多い時期なので、求人に対する能力が高く、自信のある人にはおすすめの時期とも言えます。

逆に、上に書いた8月や12月といった競争があまり激しくない時期は、未経験の職種に転職するのに適していると言えます。

しかし、これはあくまでも確率上での話なので、実際に企業がどんな採用基準で求人を出しているかによって変わってきます。


時期を定めたら転職活動の準備

求人が活発になる時期に、希望通りに転職活動を進めるためには、前もって準備を進めておくことが重要です。

言い換えると、転職活動を進めるにあたってのポイントは、

「少し早めにはじめる」

ことです。

どの企業も採用数は限られているため、内定を勝ち取るには他の転職希望者よりも、自分のほうが業績に貢献できると会社にアピールしなければなりません。

しかしそのためには事前の準備が必要となります。
転職活動においては自分自身のこれまでのキャリアを整理し、履歴書や職務経歴書を用意し、応募先の業界動向の下調べ等を行っておかなければならないからです。

これらを怠ると他の転職希望者との差別化ができなくなり、思うように転職活動が進まなくなります。

こうした準備には思いの外時間がかかる上、転職活動の多くは現職と並行して進めることがになるため、余裕をもって計画を立てておくことがポイントです。

関連記事
・初めての転職のやり方!7つ手順を公開-転職エージェント登録編-はこちら
・初めての転職のやり方!7つ手順を公開-履歴書・職経歴書・面接編-はこちら

明確な転職希望時期がある場合には1ヶ月~3ヶ月前から動き始めると良いでしょう。

特に初めての転職の場合、思っていた以上に書類作成に時間がかかる、現職にてトラブルが発生して、なかなか準備に時間が割けない等、思うようにいかないことはよくあります。

こうした際に転職エージェントを利用していると、転職活動における計画の相談ができるため、とても信頼できるパートナーとなります。

履歴書や職務経歴書の添削や、面接におけるポイントの相談なども対応してくれるため、
求人応募が集中する時期には他の転職希望者との差別化を図ることもできます。

まとめ


近年では転職そのもののハードルが低くなり、業界問わず採用側・応募側の両面から転職活動が活発になる傾向にあるといえます。

キャリアアップや異業種へのチャレンジなど、転職希望者の動機は様々ですが、採用する側としては現在の会社の業績に貢献してくれる人材の発掘が一番の目的です。

特に新卒採用ととは異なり、中途採用は通年で求人募集がありますが、本記事でこれまでまとめてきたように、時期によって求人の質や量は変わってくるため、この月がおすすめというのは一概には言えません。

転職は例えるならば、お見合いです

件数に対して全体の傾向があったとしても、

何月にお見合いをすれば希望に人に出会えるか?

までは、分かりません。

希望通りの内定を勝ち取るためには、転職するタイミングが重要となってきますが、希望する転職先の求人市場の情報がないと正確なタイミングがつかめません。

前述したとおり転職活動は会社とのマッチングですので、うまく内定を勝ち取るためにも、転職するタイミングは重要な要素となります。

かといって業界分析や、市場の情報のキャッチアップにばかり時間を割いていると、書類作成や面接対策といった転職活動本番の準備が遅れてしまいがちでライバルに差をつけられてしまいます。

こうした情報を効率よく正確に得るためにも、転職サイトを利用してエージェントから市場の動向を確認することは、大変重要なポイントであるといえます。

転職エージェントは、基本的にあなたが希望通り転職活動を進められるよう応援してくれる存在であるため、時期や対策について早めに相談しておくと良いでしょう。


あわせて読みたい

転職エージェント・サイトの業界別比較一覧

2018年に転職するなら おすすめ業界・業種ベスト3

転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
デューダ

非公開求人がサイト掲載求人の5倍もある大手転職エージェント。
150社以上が参加する転職フェアに参加できるのもDODAのみ。
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡の主要都市で面談が可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。
就職Shop

リクルートキャリアが運営する第二新卒・20代向けの転職エージェントです。
登録し求人を紹介してもらうと、書類選考なしで面接が確約!
20代向けの転職サービスなので、未経験OKの求人多数!
介護専門求人サイトかいご畑

介護士専門の転職サイト。
介護畑の特徴は介護士の資格を持っていない人でも転職が決まれば資格講座の受講料が無料になります。
無料で介護士になれる転職サイトです。
勿論、経験者の転職も手厚くサポート。
【保育士バンク】

保育士専門の転職サイト。
国内最大級の求人数を誇り、保育士専門のキャリアコンサルタントが在籍。
保育士バンク限定の非公開求人多数。
【ファッショーネ】

アパレル専門の転職サイト。
販売員はもちろん、デザイナーやパタンナー・バイヤーなどアパレルに関わるあらゆる専門職の転職をサポート。


関連記事

派遣社員から正社員に転職する2つの方法

派遣社員として働いてきたけれど、そろそろ正社員として働きたい。 そう考える人は

記事を読む

転職のきっかけを見つけた男

転職が成功するきっかけと失敗するきかっけ

世の中には、経歴もスキルもコミュニケーション能力も変わらないのに、転職に成功する人と失敗する

記事を読む

気の机

転職するには学歴がないと不利なのか?

学歴に自信がない人は、有利に転職することが出来ないのか? 自分の学歴に自信のない人は、

記事を読む

仕事(会社)を辞めて後悔しない為の転職術

転職は人生の転機です。 そこにおいて 「こんなはずじゃなかった・・・」 という

記事を読む

ポイントを示すOL

転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思ってしまう方は多いのではないでし

記事を読む

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事(会社)を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事(会社)辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

手取りが20万しかない
手取り20万円を手取り30万円に変える方法

転職を考える時というのは、それぞれに理由は違っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑