*

転職で解決する5つ悩みと転職中の悩みの解決方法


総合系・IT系などの
業界専門の転職サイトを多数掲載


⇒業種別の転職サイトを見にいく




032-1


転職には興味があるんだけれど、踏み出せずに迷っているという声をよく聞きます。

そこで、今日は転職をすれば解決する
5種類の悩みをご説明します。

また、転職活動中の悩みとはどんな悩みなのかを紹介していきます。



転職することで解決する悩み

年収など収入面の悩み



032-2


まずはお金に関する悩みです。

会社の業績悪化などによってボーナスがカットされてしまった。

降格人事などで給料が大きく下がってしまった

また、現在の年収では家庭や生活を維持できない

など、仕事とお金に関する悩みは非常に深刻で早急に解決しなればいけないケースがほとんどです。

転職をすることによって年収をアップさせる事は、以前転職で年収アップさせる為の3つの心構えでもお話しましたが可能です。

また、ボーナスが大幅に減ってしまったりカットされてしまった。
給与が大きく減ってしまった。

という事であれば、転職する事によって以前と同じ水準に戻すことはさほど難しい事ではありません

この場合、転職サイトなどを使い転職エージェントに年収の話をしっかりする事がポイントです。

さらに、年収を少しでも上げる為には、同じ業界の同じ職種に転職する事が前提条件となります。

残業・休日など時間に関する悩み



032-3


これは、ブラック企業などで働く人は勿論ですが、家庭を持つ人にはあるあるなお悩みだと思います。

仕事と生活のバランスが明らかに仕事に偏っている状況は、転職することで問題の根本を解決する事が出来ます。

例えば、残業が少ない会社や休日が多い会社は探せば沢山あります。
しかし、求人情報通りの残業時間や休日数ではない会社があるのも事実です。

そんな時は、転職サイトや転職エージェントを利用すると良いです。
特に、特定の業界に特化した転職サイトがおすすめです。

エージェントがクライアント側の情報に詳しいので、本当に求人情報通りの残業や休日なのかを知っています。

ですので、入社してから「こんなハズじゃなかった」という事になりません。

他にも勤務地が遠くにあって往復の通勤時間が非常に長く、早朝に家を出て深夜に帰って来るような人も転職する事で解決します。

時間に関する悩みは一見軽いように見えますが、家庭や生活、健康の維持の為に軽視する事は危険です。

人間関係の悩み



032-4


人間関係に悩んで、それが理由で転職する人も多くいます。

実際に転職する事によって、現在悩んでいる人間関係の悩みは一気に解消されます。

ただし、ここで注意が必要なのは「現在の人間関係の悩み」は解決できますが、「新しい転職先の人間関係」は分からないという点です。

今の悩みが上司や経営者との関係でパワハラなどが横行しているのであれば、転職してしまえば問題が解決される可能性は高いと思います。

しかし、同僚や女性同士の関係に悩んでいる場合には、転職先でも問題が起きる可能性も秘めています。

相手がいる事なので確実だとは言えませんが、現在の悩みに対する対応や対策を予め準備して転職すると良いでしょう。

同じ職場で最初から攻撃的な人はそうそういません。

過去の自分の経験から対策を準備していれば、転職先の人間関係で悩むこともなくなります。

実業務での悩み



032-5


次に現在の仕事そのもの悩みがある人です。

実業務があまり好きではなく仕事でミスが多い。
どうしても自分には今の仕事が向いてなくて苦痛。
この業務だけはやりたくないという仕事がある。

こんな人は転職する事をおすすめします。

仮に同じ業界の同じ業種だったとしても会社が変わる事によって仕事の内容は大幅に変わってきます。

他にもやりたい仕事が明確にある人は転職してその仕事に就いた方がいいでしょう。

ただし、今までの職歴と全く異なる仕事だった場合、条件面が下がってしまう事は覚悟する必要があります。



転職活動中の悩み

次に実際に転職活動を始めてからの悩みを、管理人の実体験を含めて紹介したいと思います。

転職活動は面倒で大きな労力が必要



032-6-1


転職を決意して実際に転職活動を始めると分かりますが、転職活動は綺麗事抜きでかなりキツいものがあります。

自分で転職先を探す場合、条件に合う求人案件を探すだけでも一苦労します。

運良く求人案件が見つかったとしましょう。
次に必要な事は履歴書や職務経歴書の作成です。

これが非常に厄介なのです。
履歴書は手書きの場合、1枚あたり結構な時間がかかります。

また、職務経歴書は応募する企業によって内容に修正を加える必要もあります。
これを「応募前」に行わなければいけないのです。

管理人は以前、自力で転職活動をした際に70社以上に応募しました。

履歴書だけで200枚はゆうに超える数を書きました。
職務経歴書はWordで作成していましたが、70社分、全てがどこかしら違う内容に修正していました。

正直、これには膨大な時間を費やしてしまいました。

さらに、応募した半数弱程度は書類選考を通過した為、面接を受けなければいけませんでした。

上に書いた事は全て『仕事をしながら同時進行』でした。

その上、大多数の企業様からありがたい「お祈り」のご連絡を頂いていたので精神的にもかなりキツかった記憶があります。

後述しますが、この労力を最小限にする方法が転職サイトを利用する事です。

転職が決まらない



032-6


管理人も経験がありますが、これは色んな意味で堪えます。

もし、既に退職済みで転職活動をしている人であれば経済的な面での負担も大きくなってきます。

さらに、期間が空いてしまうほど転職では不利とされている上に面接時にその期間に関して結構しっかり質問されてしまう事もあります。

管理人は在職中の転職活動でしたが、転職先が決まらないと焦ります。
というか諦めそうになってしまった事が何度かありました。

毎日辞めたい会社の仕事をこなしながら、転職活動に時間を割き、さらに不採用通知の嵐を受ける。

これは想像していたよりずっと精神を削られてしまいました。

正直、

「いつまで続くんだ?」

「それでも転職先を探して今の会社を辞めたい」

が交錯して、出口の見えない何かの中にずっといる様な感覚でした。

転職活動は長期化すればするほど、受けるダメージが加速する感覚です。

転職サイトの利用がベター

上に書きましたが、
転職活動の労力を最小限にする方法転職サイトの利用です。

あくまでも個人的な見解ですが、管理人の体験からお話させて頂くと、自力での転職活動の労力を100とした場合、転職サイトを利用した際の労力は20~30程度です。
もしかしたら、もっと小さいかもしれません。

何がそんなに違うのか?

まず、転職サイトを利用してからは、求人案件を探す必要がなくなりました

履歴書も職務経歴書も毎回書きませんでした。

転職サイトのエージェントから、求人案件を紹介されますし、履歴書・職務経歴書は最初の登録後の面談で作成されたものを使用するだけです。

結果、紹介される求人案件に対して応募するかどうかを判断するだけになってしまいました。

この時点で自力での転職活動とは天地ほどの差がありました。

また、転職サイト経由の場合、書類選考の通過率が非常に高かった記憶があります。

当然、エージェントは転職希望者の希望と、転職先が希望する人材をマッチングするのが仕事なので、紹介された時点で管理人と企業の両者間でのミスマッチが起こらないのです。

これが高確率での書類選考パスに繋がり、結果として転職活動が短期間で終わる大きな要因でした。

他にも自力での転職活動と大きく異なる点がありました。
それは、応募する企業の情報が入ってくるという事でした。

これは、非常に大きかったです。

自力での場合、書類選考をパスして面接の段階になって、初めて応募先の企業の人間と顔を合わせます。

求職者という弱い立場に立たされた側から、労働条件などに関する内容を質問する事はかなり難しいです。

しかし、エージェントに相談すると企業側の情報を教えてもらう事もできました。

さらに、要望があれば企業側との交渉も代理で行ってくれます

これが転職してから

「こんなハズではなかった」

を防ぐ大きな要因になります。

皆さんも転職活動を始める際には、よほどの理由がない限り転職サイトを利用する事をおすすめします。

登録はどんなに手こずっても10分あれば終わります。

転職サイトにもよりますが、エージェントがサポートしてくれる場合、
サイトに登録すると数日以内にメールか電話で連絡がきます。

その際に面談に日程を決め、後日エージェントとの面談を行います。
その面談だけでも様々な相談が出来ます。

しっかりと希望を伝えれば、後は希望に沿った、もしくは希望に近い求人案件を紹介される事になります。

この流れで転職活動をする事が悩みを解決する為の最短ルートだと思います。





リクルートエージェント

年収600万円以上を希望する人や、TOEIC700点以上のスコアを持つ人におすすめの転職エージェントです。
業界№1の圧倒的な求人数が特徴で、キャリアに自信のある人や早く転職したい人におすすめ。
札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡などの地方都市でも利用可能。
マイナビエージェント×IT

大手マイナビエージェントのIT・WEB専門分野。 マイナビの営業力は、他社とは比較ならないほど活発なので、独占求人等の求人数も多く存在する。
また、書類選考だけでなく、面接の通過率が高い事も特徴のひとつ。
その理由は、元エンジニアのキャリコンサルタントが存在し、非常に豊富な知識で転職をサポートしてくれます。
20代~30代でエンジニアへの転職を希望する人にはおすすめ!
第二新卒者であれば、IT関係未経験OKの求人も多数。
東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏や関西圏での転職を考える人におすすめ!
ギークリー

IT・WEB専門の転職サイト。 年収1000万円越えの求人も存在している位、求人の質が揃っています。
また、エンジニアだけでなく営業やマーケッターも対象。
平日の夜や土日も対応してくれるので、利用しやすい。
LINEでエージェントとの連絡が可能。
東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT関係におすすめ。


関連記事

転職におすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか? と不安に感じている方も多いと

記事を読む

転職が上手く行かず頭を抱える

転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件に見合った求人が見つからない。

記事を読む

期間工のイメージ

期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかもしれません。 そのため、

記事を読む

気の机

転職するには学歴がないと不利なのか?

学歴に自信がない人は、有利に転職することが出来ないのか? 自分の学歴に自信のない人は、

記事を読む

ハローワークでの転職が上手く行かない

転職するならハローワークより転職エージェントを利用しよう

一昔前と比較して、終身雇用という概念が低くなったことから、転職に関してのハードルも現代では低

記事を読む

転職におすすめ業界・職種ベスト3

転職を考えているものの、実際に転職をしても大丈夫なのか?

期間工のイメージ
期間工から正社員になるのかは可能なのか?

期間工は、働く期間が決まってるので、安定した働き方ではないかも

工場
工場の仕事で働く期間工とは?

転職するにあたって、短期間で一定の収入を得たい人、直ぐに一定の収入

はたらくヨロコビ
2018年問題も心配なし!工場の求人ならはたらくヨロコビ.com

工場で働きたい、製造業で転職をしたいと思っている方は、どうやっ

嫁に転職を反対されて怒られる
嫁ブロックで転職が出来ない?対策を教えます!

一般的に独身の人より既婚者の方が転職へのハードルが高いと言われ

自分に自信のない会社員
転職するのにアピールするスキルがない人はどうする?

今の会社に不満があって辞めたいと思っているのに、転職に関して自

全力で逃げる会社員
仕事から逃げたいと思ったら辞めて逃げていい

働いていて・・・ 今の仕事から逃げたい 会社から逃げた

ギークリー体験談
ギークリーの評判と口コミ IT専門サイトでの転職体験談

東京・神奈川・埼玉・千葉でのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界

急いで転職しようとするサラリーマン
仕事を変えたい人は直ぐに転職した方がいい

不景気のこの時代では、転職をしたいと考えながらもなかなか行動に

ファルマスタッフの評判と口コミ 薬剤師の派遣に転職

薬剤師の専門の転職サイトの中でも、派遣に非常に強いという特徴を

仕事にやる気のでないサラリーマン
仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

仕事をしていて、やる気がでない・・・ 最近全く仕事が楽しくない・

転職の面接
転職の面接対策たった3つでOK!

転職活動をしていて、一番緊張してしまう事と言えば、応募企業との

異動になって辞めたいサラリーマン
異動(転勤)で仕事を辞めたい人が転職するべきたった1つの理由

全国に展開している様な、大きな企業で働いている人は突然の異動や

新しい仕事に燃えるサラリーマン
転職活動と新卒就活の違いとは?

転職する際に、新卒時の就職活動を参考に転職活動を考えている人が

年収分の札束
年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

自分の年収は高いのか?低いのか?年齢に対して適正な年収なのか?

仕事辞めたい病にかかっている
仕事辞めたい病?転職すれば解決する!

仕事をしている社会人の多くの人が人がかかる病、『仕事辞めたい病

嘘を見破るビジネスマン
転職は35歳が限界説の嘘?35歳以上の転職方法

転職に関しては、定説の様に言われていた「35歳限界説」 35

ポイントを示すOL
転職活動や転職後の不安を消し去るポイントとは?

転職活動をいざ行っていたり、転職後のことを考えると、不安に思っ

転職が上手く行かず頭を抱える
転職がうまくいかない人必見!今から間に合う転職術

転職活動を行っているのに、どうも上手くいかない。 自分の条件

ブランクkら頭を抱えるOL
転職はブランク期間があると厳しい?

近年では、特に女性の場合には、何かしらの事情で仕事を辞め、社会

→もっと見る

PAGE TOP ↑